« 十勝岳 | トップページ | ヒサゴ沼 »

2014年7月15日 (火)

石狩川源流

石狩川源流
二晩泊まった上富良野のキャンプ場を撤収して旭川乗り替えで上川に向かう。上川からいよいよ石狩川源流を遡る旅のスタートである。

駅近くのコンビニで買った弁当を食べたりしてたら出発が昼近くになってしまった。2時頃には層雲峡に着いたが、ここでまたのんびりしてしまった。層雲峡は今年の冬に銀河の滝や錦糸の滝を登ったが、それらの滝は国道はトンネルを通るため見ることはできない。
道はしばらくすると、北見への道と帯広の道が分岐する。石狩川源流へは帯広方面に向かい、しばらくして大雪ダムのある大雪湖に着く。ここで大失敗をしてしまった。最初に分岐する砂利道を石狩川源流の道と勘違いして1時間近く登ってしまった。

おかしいと思ってGPSで現在地を確認しようとすると、なんたることか、この地域のダウンロードしたはずの地図をGPSにコピーし忘れていたのであった。まあ藪尾根を行くわけではないので、ブリントアウけした地図があればなんとかなるとは思うが、大失敗であった。

山岳地図はカシミールからプリントアウトしたものしか手元にないが、GPSに元々ある平地用の地図でなんとか現在地を判断すると、もう少し国道を南下してから分岐することがわかり、国道に戻って正しい分岐点と思われる地点に達した。

こちらも砂利道となっていて、しばらく進んでみたが、あたりは次第に暗くなってきており、夕方に行動が活発になるらしい熊との遭遇も懸念されたので、分岐点の所にあった広場にテントを張ることにした。行程が遅れてしまったため食料計画を再検討して、今夜は酒とつまみで夕食代わりとすることにした。明日は酒がないが、休肝日だと思えばそれも悪くはない。たいして飲んだわけではないが、酔いが早く、9時前には寝入ってしまった。

|

« 十勝岳 | トップページ | ヒサゴ沼 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 石狩川源流:

« 十勝岳 | トップページ | ヒサゴ沼 »