« 富良野 | トップページ | 石狩川源流 »

2014年7月12日 (土)

十勝岳

十勝岳
十勝岳の登山口まではバスも通っているのだが、夏山シーズン以外は早朝のバスがなく、到着が遅くなってしまう。それに折角、自転車を持参しているのだからと登山口までは自転車で登ることにした(メインのトムラウシのために体力温存を図りたい気持ちもあったのだが)。キャンプ場からの標高差は800メートル程度なので3時間ほどで着き、そこから十勝岳登山を開始する。

時間は9時半でさほど遅いわけではないにもかかわらず、登山口付近には誰もいない。土曜日でこんなに閑散としているということは、あまり人気がないのかなと思ってしまう。ところが、登り出してしばらくすると、登山者がひっきりなしに降りてくる。標準時間で往復5〜6時間の山だから、この時間に降りてくるのは相当早く出発したのだろう。その後も大勢の下山者とすれ違ったが、段々と天気が悪くなって遂に雨が降りだした。早出をしなかった報いを受けてしまったようだ。

頂上の100メートルくらい下で10数人くらいの小学生が何人かの大人に引率されてくるのが、今日すれ違った最後の下山者だった。頂上はガスっていて全く展望がなく、ただ登ったというだけだったので、写真を撮って直ぐに下山を開始する。先ほどの小学生のグループには直ぐに追い付くだろうとおもったが、なかなか追い付かない。下りの中間点あたりまで来た時に、ガスの中に大勢の下山者が見えてくる。先ほどの小学生のグループに違いない。雨も相当強くなってきたので、彼らが難渋しているようなら手助けをしなければと思ったが、全員快調に下山しているように見えたので、先に行かせてもらう。

登山口に降り立った時は全身濡れてしまったので、吹上温泉で冷えきった体を温めたかったが、下のキャンプ場まで降りなければならなかったので、後ろ髪を引かれながら、自転車で降りることにした。

幸い雨も止み、日も出てきたのはラッキーだった。キャンプ場に着いて、テントに荷物を入れると、直ぐに近くの温泉に直行した。冷えきった体を温めると生き返ったような気がした。明日からは、今回のメインであるトムラウシ登頂と石狩川の河口までの下降である。

|

« 富良野 | トップページ | 石狩川源流 »

歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 十勝岳:

« 富良野 | トップページ | 石狩川源流 »