« 石狩川河口に到達 | トップページ | ニセコアンヌプリ登頂? »

2014年7月20日 (日)

羊蹄山

羊蹄山
空き地にテントを張ったので早朝に撤収する。昨夜テントを張った時は蚊のエジキになってしまったので、今朝は完全装備で臨んだため被害には合わなかった。そこからは数キロ漕いで銭函駅に着くが、始発まではかなりの時間待たされた。

ニセコに移動して、今回最後の目的である羊蹄山登頂を目指す。まずはベースとなる真狩キャンプ場に向かうが、事前に調べた際にはキャンプ場は道路沿いにあると誤解してしまった。キャンプ場は道路から3キロほど入った所にあるのだが、半端でない急坂で、とうとう自転車を降りて引く羽目になってしまった。

テントを張り終えて、羊蹄山の登山口に向かったのは12時を少し回った頃である。こんな遅い時間に登り出す人はまずいないだろうが、標高差は1500メートルくらいだから、時間当たり500メートルの高度を稼げば十分明るいうちに降りてこられる計算だ。久しぶりにトレラン並みのスピードで登ってみると、前半は600メートルのペースで登れたが、後半はさすがに落ちて500メートルから400メートルくらいであった。このくらいのスピードだと、かなり前に出発したであろうパーティーも次々に抜いていける。もっとも九号目にある小屋に泊まるために沢山の荷物を担いでいるパーティーもいたようだが

今日の降水確率は20%だったにもかかわらずガスで視界がなかった天候は高度が上がるにつれて風雨か強くなってきたので、衣類を着こんで風雨に耐えられる準備をした。

外輪山の一角にたどり着き頂上を目指すが、ガスで視界が効かないため、なかなか現れない頂上に少し焦る。

ようやく頂上に着いたが、視界0のため写真を撮ってから下降に移る。降りるにつれて風雨は収まってきたが、気がかりなことがでてきた。そこそこのハイペースで来たため、体に疲労が出てきており、下山後に近くの温泉や飲食店にいったはよしとして、帰りにまたあの急坂を登る自信がないことであった。

キャンプ場には予定通りに明るいうちにおりてきたが、温泉はともかくとして、飲食店に行かないとなると、今晩は紅鮭のお粥、明朝はカップラーメンで済ませ、今週2回目の休肝日を設けることになってしまう。

オートキャンプ場でこんなしょぼい食事をしてるのは私だけだろう。みんなはテントの外で食事しているが、私はしょぼい食事が恥ずかしいのでテントの中で食事した。ウソです、山で風雨に当たって寒かっただけです。!!明日はニセコの町に降りて、グルメ三昧、温泉三昧をするぞ♪

|

« 石狩川河口に到達 | トップページ | ニセコアンヌプリ登頂? »

歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 羊蹄山:

« 石狩川河口に到達 | トップページ | ニセコアンヌプリ登頂? »