« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月31日 (日)

蓬峠越え

蓬峠越え
2年前に悪天等でリタイアした幽ノ沢V字状岩壁右ルートにリベンジすることにしたが、天候不順が続いているので、ギリギリまで出発するかどうか判断に迷う。結局は天候回復の兆しが出てきたので、小雨の場合は近くの沢に転進するつもりで出発し、その晩は指導センターに泊まる。
翌朝は前回の轍を踏まないように4時起きして5時に出発する。夜中に雨が降ったようで、路面が濡れていていやな予感がする。
幽ノ沢出合には6時前に着くが、かなりの水量である。しばらく遡行してみると、前回はなかったような大滝が現れる。左から高巻いて滝上に出るが、その上部も濡れたスラブで沢靴に履き替えなければ登れないようだ。相棒の到着を待ってその旨を告げるが、沢靴を忘れたとのこと。あれほど、念を推したのに忘れてくるとは!相棒の失態には慣れっこにはなっているので怒る気にもならない。これで幽ノ沢を登り続けることも他の沢に転進することも不可能となった。とりあえず、「大滝」は懸垂で降りて、出合に戻る。
時間は7時でこのまま帰るには早すぎる。そこで、このまま進んで蓬峠を越えて土樽に降りることにする。
蓬峠越えは30年ほど前にも一度やったことがあるが、その時は多分新道経由で行ったようで、旧道経由の今回は思いがけない悪路で、峠まで4時間近くも要してしまった。
峠はガスに覆われて展望もなく、風が吹き抜けて寒かったので、すぐに下降に移る。土樽までも長かったが、2時頃には着くことができた。電車の待ち時間は1時間半くらいあったが、我が家の最寄り駅には暗くなる前には着けて、私としては珍しいことであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月30日 (土)

秋野菜の植え付け準備完了

秋野菜の植え付け準備完了
盛夏の頃は早朝でないと畑仕事をやる気がしなかったが、だいぶ涼しくなったので朝食後に畑に出かける。
前回、雑草を根っ子から取り除いたので、雑草もあまり生えていない。前回、抜いたトマトの茎が運びきれずに、隅に寄せておいたら、青かった実が赤く色っいているのには驚いた。根から栄養をとれなくても、茎の部分から栄養をもらったのだろうか?その後、畑を耕していたら、深い所からジャガイモも結構出てきて、今日は収穫を期待していなかっただけに、予想外の成果であった。
堆肥をまいて、植え付けの準備は完了した。いよいよ秋野菜のシーズン到来である。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年8月28日 (木)

息が止まる思い

リカバリーしたウルトラブックへのアプリのインストールも終わり、修復ディスク用の2TBのHDも明日届くことになっていたので、今日は別の作業をすることにした。居間のPCには有線を無線に変えるアダプターがついているが、自分の部屋のPCにはついてないので、わが家でタブレットをネットにつなげようとすると、居間でないとできないなため、自分の部屋でもできるように無線LANの親機となる機器をデスクトップのUSBに取り付けることにした。ところがタブレットで無線LANにはつながるのだが、インターネットにはつながらないという不可解な事態となった。そこで一度デスクトップを再起動させたところから悲劇は始まった。なんと起動ができないのだ。しかもリカバリーをするかどうかのメッセージまででてきた。リカバリーなどとんでもない。そんなことをしたら、リカバリーしたばかりのノートPCにはまだバックアップしてなかったデータがパーになってしまう(重要なデータだけはUSBにバックアップしてあったが)。リカバリーしない場合には修復可能かどうかの調査に長時間かかるとのメッセージが出ている。修復できない場合の困難さを考えると、調査結果が出るまでの間は息が止まる思いであった。そして調査結果が出たが修復不能であった。万事休すである。ここであることを思いついた。USBに取り付けた機器を外して再起動することである。再起動している間は神に祈るしかなかった。その祈りが通じたのか無事に起動できた時は、天にも登る気分であった。この 直後に全データをノートPCにバックアップしたのは言うまでもない。この後、今は使用してないXP機で試してみたが、やはり同じ現象となってしまう。これは欠陥商品だ!とんだ安物買いの銭(時間)失いであった。

ここ数日、コンピューター関係の諸事に忙殺されてしまいブログの記事もコンピューター関連一色となってしまったが、そろそろ元の路線に戻したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パタゴニアの映画上映

今、世界で一番行ってみたいところといえば、南米最南端のパタゴニアであるが、その地の最難峰のひとつとされるセロトーレでのクライミングを撮影した映画が今週末から上映される。
Photo

今年は山岳映画の当たり年で多くの作品が上映される(た)が、その中でもこの映画は最も興味のある作品である。というわけで、先日近くを通りかかったので、前売券を1400円で購入したが、後から知ったのであるが、シニア割引だと1100円だったのである。とんだ先走りをしてしまったが、まあいいか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月27日 (水)

ノートPCが御陀仏に

最近はタブレットばかり触ってノートPCは使われなくなったのをひがんたわけでもないだろうが、起動しようとすると、青い画面になんたらかんたらという文字が出て正常に起動しなくなった。いろいろやってみたが埒があかないので、業を煮やしてシステムリカバリーをしてしまった。office製品は内臓されていたのでそのままつかえるが、他のアプリは再インストールしなくてはいけないので面倒だ。
Photoアプリインストール前のシンプルな画面

障害が起きたのがメインで使っているデスクトップでなくて幸いであったが、同様の事故に備えてこれからはシステム修復ディスクを作っておくことにしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月25日 (月)

タブレットに公衆無線LAN設定

先日購入したタブレットに公衆無線LANの設定をしておいた。

左のBBは月額200円でマクドナルドや東海道新幹線で使用できるもので、セブンやファミマの無線LANは無料だが接続時間に制限のあるものだ。

Wifi

我が家は有線LANだが、通電した無線LANアダプターにLAN回線を接続すれば、家庭内でも無線LANが使用可能である。

我が家以外でネットに接続する場合もたいがいは携帯のIモードで事が足りるのであるが、どうしても大きい画面で見たい時は、コンビニやマックに入ってWIFIを利用すれば(店の外でも利用可能なことが多いが)、WinMaxのようなモバイル用のプロバイダーと契約しなくても、日本全国で困ることはなさそうだ。

海外では、設定(登録)しなくても無料で使える公衆無線LANは多いが、日本ではまだ空港など限られたところでしかない。設定(登録)自体は多少ややこしい(ややこしい順ではセブン>BB>ファミマ)が一度設定(登録)してしまえば、次回からはスムーズにネットに繋げてしまえるので便利である。設定(登録)のやり方はそれぞれのホームページに細かく解説されているので、ここでは省略したい。

おかげで、ウルトラブックの出番がめっきり減って、外で業務用アプリを使う時くらいになってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月24日 (日)

畑のリセット

畑のリセット
数本残ったトマトから最後の収穫を行った後、トマトの幹を全部抜いて畑を耕して耕作前の状態に戻し、秋野菜の栽培に備える。

秋野菜は何を栽培しようか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月23日 (土)

タブレット購入

従来、道が不鮮明な山に行く時は、高価な登山専用のGPSではなく、GPS機能を持ったウィンドウズ・モバイル機にカシミールというソフトで取り込んだデータを転送し、海外旅行の際にはグーグルマップをビットマップ画像として取り込み、それとともにその画像の位置情報とともに転送して使用していたが、スマホやタブレットのアンドロイド機ならば、登山地図ならば山旅+地図ロイドというソフトにより、海外の地図はフーグルマップから直接ダウンロードできるようなので、ソニーのXPERIA-Z-ULUTRAというタブレットを購入した。この機種を選定したのは小型タブレットの中では唯一の防水・防塵機能があるからである。
タブレットとウィンドウズ・モバイルを比べると以下のようであるが、画面がかなり大きくなったので、使いやすそうである。まだ、使いこなすまでには時間がかかりそうだが、早く戦力として使いこなしたいものだ。
Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月21日 (木)

上信越周遊各駅停車の旅

駿河路ツーリングの帰りに乗ったムーンライトながらは早朝に東京駅に着いた。浜松から乗車したので18切符の元は十分とってあるのだが、今日1日は有効だし、帰っても急ぎの仕事もないので18切符をフルに活用するつもりだ。そこで考えたルートは上信越周遊各駅停車の旅だ。まずは上越線を高崎、水上で乗り換えて越後川口まで行き、ここで飯山線、篠ノ井線と乗り継いで松本に向かい、最後は中央本線で帰ってくるというものである。メインとなるのは飯山線で、津南〜戸狩野沢温泉が未乗車で、前から気になっていた区間をこの際解消しておこうというものである。

上信越周遊各駅停車の旅
越後川口には昼前に着いたが、唯一あった食べ物屋の前にはなんと本日お休みの立札が。万事休すと思ったが、スーパーがあったので弁当を買って飢えはしのげた。しかも店内の一角には休憩所があって冷房がよく効いているので、食後もそこに居座り、電車の待ち時間をつぶすことができた。猛暑の中での一時間半もの乗り換え時間をどう過ごそうかという心配も無用であった。

上信越周遊各駅停車の旅

飯山線は信濃川に沿って南下し、十日町でほくほく線と交差する。そこから先はまた信濃川と平行していくが、上流で雨でも降ったのか、濁った激流となっている。

間もなく津南に着き、ここからが未乗車区間の始まりである。津南までは20年くらい前に家族で秋山郷に行った時に乗車しており、その時は単身で鳥甲山にも登っている。

列車は一時間近くで戸狩野沢温泉に着いて未乗車区間は解消した。ここから長野までは実に40年近く前にもなるが野沢温泉にスキーに来た時に乗っている。昨年、自転車で信濃川を遡った時に、夜間に飯山線の未乗車区間を乗車するつもりだったが、行程の遅れのために夜も自転車に乗る羽目となって今回に持ち越したものである。

戸狩野沢温泉からは長野行きに乗り換えて約一時間で長野駅に着く。長野駅では1時間近くの待ち時間があったので、長野に来たからにはソバを喰わねばとホームの立ち食いソバを食ったが、なかなかうまいソバだった。ただ夕方とはいえ、30度以上あるなかで温かいソバを食べたものだから、身体中から汗が吹き出した。

これから先は何度も乗っている区間なので、車窓を眺める楽しみもあまりなく、早く寝てしまうに限ると、しこたま酒を買い込んだ。
長野始発の電車は甲府まで直通だったし、甲府の乗り換えは同じホームの反対車線、大月で乗り換えた電車は東京までの直通運転と今回はついていた。なにしろ自転車を担いでの乗り換えはMTBほどではないにしてもたいへんなのだから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月19日 (火)

駿河路ツーリング



お盆休み中は家で大人しくしていたので、休み明けに駿河路ツーリングに行ってきました。

駿河路は五十三次の時に歩いているのだが、東海道は清水から西は海岸線を離れて内陸部を行くため、世界遺産となった三保の松原や駿河湾と太平洋を分ける御前崎にはまだ行かず仕舞いであった。そこで清水からツーリングを始めて、できれば遠州路まで足を伸ばしたいと早朝に家を出た。

三保の松原は観光客で賑わっていたが、わざわざくるほどの景観ではなかった。富士山とセットでなんぼの値打ちがあるのだろうが、肝心の富士山は手前の緑の尾根の後ろにうっすらと肉眼ならば望めるのだが、カメラではぼんやりとしか映らず、拍子抜けした写真となってしまう。
P1030433
三保の松原を後にしてしばらく西に向かうと久能山東照宮がある。ここは予定外なのだが、せっかくだからと立ち寄ってみる。階段が千何十段もあり、20分近くも登るので汗だくとなってしまう。やっと登りきると、山門の所で500円を徴収される。たいして気もそそられないので帰ってしまおうかともおもったが、せっかくここまで登ったのだからと思い直して大枚500円を払い、お賽銭50円までサービスしてしまう。

参拝した後は、参道の食物屋でとろろ蕎麦を注文する。以前五十三次の丸子宿で名物のとろろ汁を食べ損なったことを思い出したからであるが、これが飛んだ失敗で、金返せといいたくなるような代物であった。その代わりに冷たいお茶を浴びるように飲ませてもらったからよしとしよう。

久能山を後にしてしばらくは海沿いの道を行くが、そのうちに全く車が通らないことに気がついた。妙なことがあるものだと思っていたら、焼津方面通行止めの表示があり、御丁寧にバイク自転車も通れませんとある。以前なら自己責任という論法で強行突破していたのだが、多少は年相応の分別がついてきたのか大人しく後戻りする。だが、別の道をとなると大きく迂回しなければならない。今回は海岸線を通るのが目的であり迂回して通っても意味がないことに気付き、JRを利用して島田までスキップしてしまい、大井川の源流から河口までのうち、やり残した島田から河口までの12キロを走破しておくことにした。

島田駅からしばらくすると大井川に出るが、路側帯もない一車線を大型トラックがビュンビュン飛ばすので怖くて進む気にならない。ふと河川敷を見下ろすと、アンツーカーのサイクリング道路らしきものがあるではないか。喜び勇んで河川敷に降りて見ると、そこはマラソンコースであった。ただ平日の今日は走っている人はほとんどいないので、久し振りに全力疾走を楽しむ。所々に自転車の高速走行禁止の立札があるが、時速30キロ位は高速じゃないし!平日だからまあいいかとそのまま突っ走る。

やがて河口付近に達したので、橋を渡って、一路御前崎を目指す。
駿河路ツーリング
御前崎に着いた時は日は既に沈んでいて、灯台にも明かりが灯る時刻となっていた。
P1030440

最低限の目標は達したが、もうひとつの目標である遠州灘を舞阪まで行くのは時間的に無理だ。浜松までならばなんとか行けそうなので前進してみたが、かなり手前から海岸線を離れてしまいそうなので意味がないことに気付き、最短の菊川駅(と言っても12キロほどはあるが)に向かうことにする。

菊川駅からはJRで浜松に向かい、駅前のラーメン屋で生ビールと餃子を注文して、無事駿河路ツーリングが終わったことを祝う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 9日 (土)

ブログの整理

今日からお盆の長期休暇に入る人が多いと思うが、台風11号の本土直撃で交通機関は大混乱のようだ。

我が家は娘の里帰りでしばらくは孫に振り回される生活となりそうだ。お盆休みをずっと在宅で過ごすなんて久しくなかったことだ。暇に任せてブログの整理をしてみた。と言っても自分がプロジェクトごとの記録を読み直す時に読みやすいようにPDFにまとめてアップしただけだが

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 5日 (火)

岳人100ルート

今月号の岳人で連載していた100ルートの特集が終わった。そこでその中で自分が登ったルートがいくつあるかを数えてみた。連載していたルートとぴったり一致していなくてもだいたい近いルートも含めると46ルートとなった。近いうちに登る予定のルートまで加えれば半分の50は超えそうだが、百名山と違って、とても全ルート制覇というわけにはいかないようだ。ひとつには日本全国からルートが選ばれているが、遠方の山は登頂するのが精一杯で、バリエーションなどトライする余裕がないからだ。

この100ルートには選ばれてないが、行ってみたいルートがいくつかある。最も行ってみたいルートは穂高の屏風岩から前穂東壁への継続である。若い時から何度もトライしているが、そのたびに何らかの事情(その多くは相棒側に由来しているのだが)で挫折している曰く付きのルートである。昔流行った通称パチンコと言われるルートはさらに滝谷まで繋げるのであるが、こちらの方にはあまり食指が動かない。前穂から北穂までの歩きの部分が長すぎてスマートさに欠ける気がするからである。もうこんな山行に付き合ってくれる人はいるまいと思っていたら、屏風に行きたがっている人が現れたので、来年中にはこの継続を実現できる目処がたってきたのは喜ばしい。

他にも登りたいルートはいくつかあるが、あまり大風呂敷を広げるのもいかがなものなので、このへんにしておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 2日 (土)

さらば剣・立山

さらば剣・立山
今日は室堂までの1時間程度の歩きなので、ゆっくりと起床する。11時に雷鳥平を出て室堂に向かう。行きの時も含めて4泊もして馴染み深くなった雷鳥平キャンプ場ともお別れである。

室堂からは観光客と一緒になって立山駅に下り、車で一路東京に向かう。30数年振りの剣クライミングが無事に終わったことを喜びたい。それにしても下界は暑い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

剣岳登山実質終了

剣岳登山実質終了
他のパーティーがそれぞれのルートに向けて出発した後に我々は起き出して7時半に熊の岩からの下山を開始する。
相変わらず荷物は重たかったが、2時頃に雷鳥平に無事到着してテントを設営する。二日間の禁酒生活から解放されて、ビール飲み放題、残った食材食べ放題の大宴会が開始される。途中で雷鳥荘の温泉にも入ってさっぱりした気分ともなる。宴もたけなわとなり、雷鳥平からの夕焼けを眺めながら、楽しかった1週間を振り返って幸福感に包まれる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 1日 (金)

六峰Aフェース

昨夜の遅くまでの行動の疲れで、予定していたチンネは中止となり、天気悪化の予報もあって、このまま下山する意見もでたが、天気予報が変わって、しばらくは好天気が続きそうなので、このまま帰ってしまうのはもったいない気がしたため、手軽に登れるところとして六峰Aフェースを思い付いた。
六峰Aフェース

3ピッチの短いルートなので、昼前にゆっくりと出発する。1ピッチ目はⅣ+とやや難しいので、今回初めてクライミングシューズを使用する。途中でヌンチャクを使い果たしてしまったこともあり、結構たいへんだった。
Img_6260
2ピッチ目は同じグレードながらかなり易しく感じた。3ピッチ目はほとんど歩きであった。

クライミング終了後は熊の岩のキャンプ場に戻って、今回のクライミングが無事に終了したことを祝って、残った食材を使ったささやかな打ち上げを行う。明日はいよいよ慣れ親しんだ熊の岩ともお別れである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »