« パタゴニアの映画上映 | トップページ | 秋野菜の植え付け準備完了 »

2014年8月28日 (木)

息が止まる思い

リカバリーしたウルトラブックへのアプリのインストールも終わり、修復ディスク用の2TBのHDも明日届くことになっていたので、今日は別の作業をすることにした。居間のPCには有線を無線に変えるアダプターがついているが、自分の部屋のPCにはついてないので、わが家でタブレットをネットにつなげようとすると、居間でないとできないなため、自分の部屋でもできるように無線LANの親機となる機器をデスクトップのUSBに取り付けることにした。ところがタブレットで無線LANにはつながるのだが、インターネットにはつながらないという不可解な事態となった。そこで一度デスクトップを再起動させたところから悲劇は始まった。なんと起動ができないのだ。しかもリカバリーをするかどうかのメッセージまででてきた。リカバリーなどとんでもない。そんなことをしたら、リカバリーしたばかりのノートPCにはまだバックアップしてなかったデータがパーになってしまう(重要なデータだけはUSBにバックアップしてあったが)。リカバリーしない場合には修復可能かどうかの調査に長時間かかるとのメッセージが出ている。修復できない場合の困難さを考えると、調査結果が出るまでの間は息が止まる思いであった。そして調査結果が出たが修復不能であった。万事休すである。ここであることを思いついた。USBに取り付けた機器を外して再起動することである。再起動している間は神に祈るしかなかった。その祈りが通じたのか無事に起動できた時は、天にも登る気分であった。この 直後に全データをノートPCにバックアップしたのは言うまでもない。この後、今は使用してないXP機で試してみたが、やはり同じ現象となってしまう。これは欠陥商品だ!とんだ安物買いの銭(時間)失いであった。

ここ数日、コンピューター関係の諸事に忙殺されてしまいブログの記事もコンピューター関連一色となってしまったが、そろそろ元の路線に戻したい。

|

« パタゴニアの映画上映 | トップページ | 秋野菜の植え付け準備完了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 息が止まる思い:

« パタゴニアの映画上映 | トップページ | 秋野菜の植え付け準備完了 »