« 東鎌尾根 | トップページ | 秋野菜の発芽 »

2014年9月15日 (月)

中房に下山

最終日はゆっくりした行程なので、日の出を見たりして7時に出発する。せっかく来たのだからと大天井の頂上まで往復してから燕方面に向かう。
頂上から一気に下降した後は比較的平坦な道が続く。燕山荘の手前で前を行く人がみな立ち止まるので何事かと思ったら、雷鳥の親子?が五羽も歩き回っていて、時ならぬ撮影会となっていたのである。単独の雷鳥はたまに見かけるが、五羽もの雷鳥は初めてである。
P1030536

燕岳は以前に登ったことがあるが、時間もあることだし、寄ってみることにした。それに以前に登ったのは冬だったので、同じ白でも雪でなくかこう岩の奇岩が林立する光景を見てみたい気もあった。燕岳山頂からは北アルプスの主な山がすべて眺められ、今回登った水晶岳から大天井岳までの歩いてきた稜線が一望できる。あまりにも広範囲なので魚眼レンズでもないと1枚の写真におさまりきらないのが残念である。
中房に下山

燕山荘に戻って中房温泉まで一気に下降する。足の調子もよかったので、久し振りにかけ下ったため、コースタイムの半分ほどで中房温泉まで降りられた。おまけに晴天続きだった今回の山行も最終日は曇りだったので汗もかかずにラッキーだった。本当に今回は天候に恵まれて感謝々々である。

|

« 東鎌尾根 | トップページ | 秋野菜の発芽 »

歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中房に下山:

« 東鎌尾根 | トップページ | 秋野菜の発芽 »