« 秋野菜の発芽 | トップページ | 植え付け完了 »

2014年9月21日 (日)

和名倉沢

和名倉沢
前から行ってみたいと思っていた和名倉沢に行ってきました。悪天候が心配されたか、普段の行いの良さのせいかなんとか天気はもってくれてラッキーだった。
三峰神社へ向かう道路の分岐点先を朝5時出発し、10分ほど二瀬ダムの方に戻った地点の立札のある地点から下降し、大洞川を吊り橋で渡って、踏みあとを右にしばらく行って和名倉沢に降りたって遡行を開始する。
沢は小滝が連続し、次々と快適に越えて行く。やがて左から氷谷がかなりの迫力で合流してくる。なかなか魅力的な谷である。そこから先はたいした滝もなく進んで行くと、谷は急に狭まり通らずの悪場にさしかかる。巻き道は左側を大きく高巻く。そして大滝の手前で一度沢床に降りる。物凄い迫力の滝である。計画段階では余裕があれば取りついてみようなどと思ったが、全くの問題外であった。大人しく右側から高巻く。
その後もいくつかの滝を登ったり高巻きしたりして、少し小高い場所にテントを張る。その晩は焚き火を囲んで食事をしたり、酒を酌み交わしたりして楽しい一夜を過ごす。

翌朝は4時に起床して6時過ぎに出発する。もう難しい箇所はないので気楽な気分である。苔に覆われた奥秩父らしい景観に癒されながら10時頃に稜線に達する。後は二瀬までは下るだけである。以前に二瀬尾根を通過したときは、稜線通しに深い藪の中を進んで行ったので、今回も多少の藪漕ぎは覚悟していたのだが、見事に刈払いがなされている上に、コースも以前と異なり巻き道が多いため登りがなくなって歩きやすくなっていた。そのため2時半頃には自動車道まで降りることができた。

|

« 秋野菜の発芽 | トップページ | 植え付け完了 »

歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 和名倉沢:

« 秋野菜の発芽 | トップページ | 植え付け完了 »