« 奥黒部 | トップページ | 槍ヶ岳に届かず »

2014年9月12日 (金)

読売新道

今日は長丁場なので2時半に起床して4時に出発する。
いきなりの急登であるが、荷物がさほど重くないので、なんとか登って行ける。
家に電話をかける用事があったのだが、下の方はずっと圏外だったので、いつになったら通話が可能か確認し続けて2400メートルあたりで圏外が解除されたので用事を済ませる。しばらくして仕事関係の電話がかかってきたが、かなり重要な用件だったので、圏外中でなくてよかった。赤牛岳には12時に到着する。8時間の登高であった。立山から続く稜線や後立山から裏銀座に続く稜線の展望の外、遠くには槍ヶ岳も望まれて、さすがに200名山に選ばれるだけの好展望台である。

ここまで来れば終わったような気分になっていたが、ここから水晶岳までが長かった。コースタイム以上の時間をかけて4時に到着。92座目の100名山ゲットである。
読売新道
今日の泊まり場の水晶小屋はキャンプ指定地ではないので、小屋にとまらざるをえないため、頂上から小屋に予約の電話を入れる。小屋までは30分くらいあったが、小屋に着くなりビールを注文する。小屋まで頑張った甲斐があった。小屋はほぼ満員だったが、素泊まりは私だけで一人で炊事室で食事を作る。小屋どまりは久し振りたが、暖かい布団で眠れるのは嬉しい。明日からはまた寒い思いをしなければいけないのだけれど

|

« 奥黒部 | トップページ | 槍ヶ岳に届かず »

歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 読売新道:

« 奥黒部 | トップページ | 槍ヶ岳に届かず »