« 槍ヶ岳に届かず | トップページ | 中房に下山 »

2014年9月14日 (日)

東鎌尾根

夜中はだいぶ冷え込んで足先が冷たかった。朝になって外に出てみるとテントには霜が張り付いていた。道理で寒かったわけだ。
今朝も6時に出発するが、もう大勢の人が槍の肩からこちらの方に降りて来る。一方、下の槍平からは数珠つなぎ登ってくる。今日の槍ヶ岳は大盛況のようだ。
1時間ほどで槍の肩に着いたが、穂先への登りの行列の凄まじさに驚いた。しかも全く動かない。これじゃ半日は優にかかりそうだ。穂先には何回か登ったことはあるが、最近は素通りしているので久し振りに登ってみようかと思ったが、この長蛇の列をみてあきらめ、殺生小屋で水を補給してから東鎌尾根に進路をとる。
東鎌尾根からは北鎌尾根が間近に眺められ、しばし思い出に耽る。
東鎌尾根
東鎌尾根は昨日通った西鎌尾根以上にアップダウンが激しく、しかも時間帯のせいか反対方向から来る人とのすれ違いが多くて結構時間がかかる。
3時間くらいで西岳ヒュッテに着くが、ここを素通りして縦走路からは外れた西岳頂上に寄ってみる。今回はできるだけ多くのピークに登ってみることにしているからだが、お陰で静かな山頂で食事をすることができた。西岳から先はアップダウンも登山者も少なくなったのでペースも上がり、この分なら今日の泊まり場と考えている大天井ヒュッテには3時前には着けそうな見込みである。
大天井ヒュッテには予定通りに着いたが、小屋で聞いたら、ここではテントは張れず、さらに45分ほど登った山頂直下の大天井荘なら張れるという。大天井岳には以前に登ったことがあるので今回はパスするつもりであったが、以前は冬に登ったので、雪のない時期に登ってみるのもよいかなと、大天井荘まで行ってみることにした。
時間きっかりに大天井荘に着くと、小屋の回りはテントでいっぱいであった。かろうじてスペースを確保すると、昨日飲み損ねた生ビールを注文する。うまい!やはりビールは生に限る♪
夕食は最後ということで残った食材を全部使ってちょっぴり贅沢(といってもたいしたことはなく、今までが貧弱すぎたのだが)なものとなった。
当初の予定では最終日は餓鬼岳まで行くつもりだったが、行程の遅れから中房温泉に降りることにした。これだと行程が楽過ぎる気もしないこともないが、連日頑張り続けたのだから、最終日くらいはのんびりしてもバチは当たるまい。

|

« 槍ヶ岳に届かず | トップページ | 中房に下山 »

歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東鎌尾根:

« 槍ヶ岳に届かず | トップページ | 中房に下山 »