« お遍路の仕上げ | トップページ | 剣山・竜王山 »

2014年10月11日 (土)

金比羅さんと三嶺

今日はお遍路とは無縁の行動である。まずは前から行ってみたかった金比羅さんの参拝である。

ホテルに荷物を預けて本宮までの700段くらいの石段の登りである。山登りと比べれば大したことではないのだが、家内はバテ気味である。やがて石段の上に本宮が現れる。本宮の前は広場になっていて讃岐平野が一望できる。秀麗な讃岐富士も正面に見える。金比羅さんと三嶺

来た道を戻り、ホテルで荷物を受け取って、実家に帰る家内と別れて大歩危に向かう。大歩危小歩危は有名な景勝地であるが、前に来たことがあるが、素通りして祖父谷方面行きのバスに乗り込む。祖父谷には平家の落人伝説の村やかずら橋などの見るべきものがあるようだが、時間がないので素通りする(なにしろ1日2本のバスなもんで)。目的はさらに奥にある山々である。四国4県の最高峰のうち3つまでが集中しているのでまとめて登ってくるつもりである(ちなみに愛媛県の最高峰である石鎚山はだいぶ前に登頂済みである)。

まずは高知県の最高峰で徳島との県境にある三嶺を目指して名頃で下車する。頂上までの標高差は1000メートル弱だが、なにしろ登りだしたのが2時なので、明るいうちに降りてこようとすると、かなりのハイペースが必要となる。そのため荷物をデポして身軽になる。半分くらいまで登ったところで、下山するパーティーに2回会う。いずれもこんな時間に登ってくるので驚いている。登山口に荷物をデポしてきたことを告げ、遭難者のものと間違われないように注意を喚起する。

頂上には4時過ぎに着く。
金比羅さんと三嶺
一応は明るいうちに下山できる時間である。一瞬視界が開けたが、すぐにガスでなにも見えなくなったので下降に移る。なんとか明るいうちに下山できた。登山口で担ぎ上げた缶ビールで喉を潤しながら、夕食の準備をする。
夕食後に明日の目的地の剣山の登山口である見越しに向かう。距離で10キロ、標高差で500メートルあるので3時間以上かかるだろうが、始発バスが10時過ぎでそれまで待っていられないので夜道を行くことにした。10時半分にようやく着き、登山口の脇にテントを張って、酒を飲んですぐに寝てしまう。

|

« お遍路の仕上げ | トップページ | 剣山・竜王山 »

歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金比羅さんと三嶺:

« お遍路の仕上げ | トップページ | 剣山・竜王山 »