« 秋野菜は順調に生育 | トップページ | 小川山 »

2014年10月21日 (火)

MapFan

今回のお遍路ではタブレットを持参したので、そのGPS用地図として購入したMapFan2014の使用感を報告したい。

結論から言うと使いづらいの一言である。まずは地名等の表示が背景と同じくグレー基調のために非常に読みづらい。また地図情報を参照するためにはネットにつながっている必要があるので、通信カードを利用していない者にとっては屋外での地図情報参照はできないことになってしまう。さらにはバッテリー節約のためにスリーブモードの利用を繰り返しているとGPSが機能しなくなるという致命的な欠陥がある。登山用地図を使用する地図ロイドというソフトではそのようなことはないので、これはMapFanのソフト上の欠陥であると考えざるをえない。その他、途中で目的地まであと何キロかということが即座にはわからないし、最短距離ではなく、任意の地点を経由した場合の距離も調べることができないなど不満がいっぱいである。

一方、今まで使用してきたウィンドウズモバイル機に搭載されているMioMapというGPS地図ソフトではそのような問題は全くないのだが、ハード自体がいろいろガタがきているし、地図が古いため実際と異なる場合もめずらしくなくなっているという不都合もある。最新の地図を備えたMioMapがタブレットで動けばいいのだが、今の所その予定はないようなので、ツーリングの場合には当分はウィンドウズモバイル機も携行する必要があるようだ。

|

« 秋野菜は順調に生育 | トップページ | 小川山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MapFan:

« 秋野菜は順調に生育 | トップページ | 小川山 »