« 白峰南嶺リベンジ3日目 | トップページ | 白峰南嶺及び日本アルプス完全縦走達成 »

2014年11月25日 (火)

白峰南嶺リベンジ4日目

朝目覚めると雨の音がテントを叩いていた。3日も晴天が続いたことでもあるし、今日は稜線歩きをするわけでもないのでまあいいか。

山伏への登りは手前の崖道かと思ったら、奥の方に赤テープがあったので、そちらから登ったが、昨夜の暗闇の中ではまず発見できなかったろうし、登り自体もそこそこあったので、昨夜の疲労した体ではかなりきつかったと思われ、峠にテントを張ったのは正解だった。

山伏頂上はヤナギラン保護のためと称して保護の柵と木道があったが、どう見ても柵の中は笹藪ばかりのようにしか見えなかった。
P1030638_3
頂上から少し降りた所にある西日影沢への分岐点ははっきりした所で、昨夜に来ても、絶対に見逃さないところだ。そこからの下りは明瞭ではあるが、かなり長いので、昨夜に降りた場合には難渋したことだろう。 だいぶ降りて待望の水場にたどり着く。
P1030643
一昨日以来の水場でたらふく水を飲んで元気を取り戻してから再び下降に移り、やがて林道に降り立つ。 時間は昼頃で静岡までは無理だが、かなり先まで歩いていくことも不可能ではなかったが、雨の中を疲れた体で荷物を担いで歩くのもしんどいので、途中にある日帰り温泉まで行ってひと風呂浴びてからバスに乗ることにした。ところが、温泉近くまで来ると、温泉はバス道からはだいぶ離れた所にあって、バス停まで濡れた服を着て(着替えがないため)歩かなければいけないようなので、温泉は諦めバス停前の喫茶店でビールと食事をしながら、ストーブで濡れたものを乾かしつつ次のバスを待つことにした。店の人の話では行こうとした温泉は三連休の後のお休みだそうで、わざわざ行かずにラッキーだった。 喫茶店で2時間ばかり過ごして定刻のバスで静岡に向かった。今年一番のエキサイティングな山行であった。

|

« 白峰南嶺リベンジ3日目 | トップページ | 白峰南嶺及び日本アルプス完全縦走達成 »

歩き」カテゴリの記事

コメント

ドキドキしながら一気に読みました。
ガスは次回から1本追加、何があるかわからないので予備は必要ですね。
お疲れ様でした。

投稿: mikko | 2014年11月26日 (水) 09時19分

mikkoさん、ドキドキさせてすいません(自分で思い出してもドキドキしますが)。

いつもは、割高だけど小型のボンベにして予備も持つのに、中型のボンベにして予備を持たなかった時に限ってアクシデントが起きてしまいました。ただ先日のビバークではありませんが、飲まず食わずで一夜を明かすことは経験済みなので、格別動揺はしませんでした。

実はブログに書き忘れたのですが、もう一つ失敗があるのです。タブレットに地図を入れ忘れてしまったのです。予備に持参したモバイルPCには地図が入っていたので、道迷いした時にも対応できましたが、そうでなかったらヤバかったかも。ライト等も含めて、予備は単独行の時は必携です。

投稿: vibram | 2014年11月26日 (水) 11時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白峰南嶺リベンジ4日目:

« 白峰南嶺リベンジ3日目 | トップページ | 白峰南嶺及び日本アルプス完全縦走達成 »