« 城ケ崎ツアー1日目( ファミリーエリア) | トップページ | 青梅試走 »

2015年1月25日 (日)

城ケ崎ツアー2日目( シーサイドエリア)

民宿からはシーサイドは10分ほどの至近距離である。懸垂で降りてシーサイドに向かうとそこは他の岩場とちょっと違う独特の雰囲気である。鳳来や二子などと同じくフリークライマーだけの世界がそこにはあった。

まずはハジノライン10a他でアップしてから、今日の目標の風に吹かれて11a/bに向かう。私にとっては約10年ぶりのトライである。前回はたしか途中でテンションが入ってしまいRPできていない記憶があるので、力の落ちた現在は登れる自信は全くなかったが、ダメでもいいからやるだけはやろうと決死?の覚悟を決めていた(どうせ落ちても空中遊泳をするだけでグラウンドフォールする危険もないことだし)。ところが、先行のバーディが初心者で核心に入る前の2ピン目で早くももたついていて、この調子ではいつになったら我々の番になるかも予想がつかない。ついにシビレを切らして風に吹かれてはあきらめて、サンライズに移動することにした。
P1030732

こちらでは仲間からクラックルートの要望があったのでイントロダクション5.9にトッブロープを張るためにリードすることとなった。昔リードしたことがあるルートとはいえナチュプロのリードはそれなりに緊張する。皆の視線を背中に感じながらもなんとか登りきる。ところが、天井クラックにセットしたカムがローブの動きで上にずれてしまったようで、トップロープで後続した仲間はみな回収不能だという。やむを得ずもう一度登り、持参した棒きれでたたいたところ、なんとか回収できてホッとする。

その後、New11aにトライする仲間をしりめに、肘の痛みのある自分は、セットしてあるトッブロープを左に回して無名のクラック(10aくらいか)を登ることでお茶を濁した。

風に吹かれてにトライできなかったのが残念だったが、一緒に行った連中はみな楽しんでくれたようなのでよしとしましょう。

|

« 城ケ崎ツアー1日目( ファミリーエリア) | トップページ | 青梅試走 »

フリークライミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 城ケ崎ツアー2日目( シーサイドエリア):

« 城ケ崎ツアー1日目( ファミリーエリア) | トップページ | 青梅試走 »