« 南紀・熊野古道ツーリング六日目 | トップページ | スノーシュー山行 »

2015年2月25日 (水)

南紀・熊野古道ツーリング最終日

昨夜は早く寝たのと部屋の時計が狂っていたのとで5時前から起き出してしまう。今日は長丁場になりそうなので薄暗いうちから出発する。

今日は初っぱなからどうも調子が悪い。連日の疲れがたまっているのだろうか?昨日の予定を今日に持ち越した御坊までは9時には着けると思ったのに実際に着いたのは10時を回っていた。この調子では和歌山発新大阪乗換の最終に間に合うか心配となってきたが、国道は概ねJRと平行して走っているので、遅れそうになったらJRに乗ればいいだけだ。

今日は概ね平坦な道が多かったが、昼飯に数百メートルの峠越えがあり、これが最後と励ましながら頑張った。峠の上が今日の工程のちょうど半分くらいだったが、時間は既に1時をまわっていた。峠付近には何軒かの飲食店があったが、少しでも距離を稼ぎたいという気持ちから峠では休まずに一気に下降してしまたが、下には飲食店はなく、コンビニ弁当を食べる羽目になり、裏目となってしまった。

後半は和歌山までの距離が減っていくのだけを楽しみにひたすらペダルを漕ぐ。夕方5時を回って和歌山市内に入った時は嬉しかった。だが、これで終わりでない。那智山で西国三十三箇所の第一番札所を参拝したが、和歌山駅近くに第二番札所の紀三井寺があるのだ。今度はいつ来られるかわからないので、寄っていこうと国道から離れてJRの踏切を渡って驚いた。目指す紀三井寺ははるか山の上なのである。ウッソー!と思ったが、最後の力を振り絞って参拝した。きっとご利益があるかな。これですべての予定を終了し、ゴールの和歌山駅で祝杯をあげたのはもちろんである。
南紀・熊野古道ツーリング最終日

|

« 南紀・熊野古道ツーリング六日目 | トップページ | スノーシュー山行 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南紀・熊野古道ツーリング最終日:

« 南紀・熊野古道ツーリング六日目 | トップページ | スノーシュー山行 »