« チェーン洗浄 | トップページ | 増上寺 »

2015年2月16日 (月)

青梅でマラソン卒業か

青梅でマラソン卒業か
2年ぶりに青梅マラソン30キロを走ってきた。今回は何年ぶりかで息子もエントリーしたので、親子マラソンができることも楽しみだった。

スタート時にちょっとしたトラブルがあった。以前は11時50分スタートだったので、そのつもりでいたら20分繰り上がっていたのに気がつかず、スタート時には息子はトイレに行ってしまっていて、やむをえず一人でスタートする。

息子は最後尾からスタートしたそうだが、ゲストランナーの高橋尚子と一緒に走ってきて5キロ付近で追いついてきた。10キロあたりまで息子と並走したが、その後は私は次第に遅れ始める。

折り返し点では息子との差は100メートルほどだったが、16キロ付近で足に痙攣が走り、しばらく立ち止まって痛みが薄らいでから徐々に歩き出し、そ後はゆっくりと走り続けたものの、何度も痙攣が発生し、はたしてゴールまでたどり着けるか不安になる。

青梅で関門のことなど考えたこともなかったのに25キロ関門では閉鎖4分まえに辛うじて通過する羽目になる。ゴールまで1キロの地点ではレース終了まで8分となるが、今のペースで走ればなんとか終了前にはゴールできそうだった。ところが、ゴール数100メートル手前で痛恨の痙攣が発生し、終了前のゴールは不可能となり、ゴールには終了後、数分たって到着する。時間内の最終ゴール者は高橋尚子と並んでゴールできたそうなのに惜しいことをした。

今回2年ぶりに青梅を走ってみて体力とくに筋力が落ちてしまったことに愕然とした。初めてのロードレースが青梅だったので、マラソン卒業が青梅になるのも何かの因縁か?しかし有終の美を飾れなかったのが、心残りである。来年は青梅マラソンが50回の記念大会となるので、それをラストランとしたい気持ちもあるが、一度劣化した筋力を回復させるには相当トレーニングをしなければならないので、はたしてどうなることやら

|

« チェーン洗浄 | トップページ | 増上寺 »

走り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青梅でマラソン卒業か:

« チェーン洗浄 | トップページ | 増上寺 »