« 南紀・熊野古道ツーリング二日目 | トップページ | 南紀・熊野古道ツーリング四日目 »

2015年2月21日 (土)

南紀・熊野古道ツーリング三日目


昨夜は疲れでバターンキューで寝てしまい、朝まで爆睡してしまった。朝食は物凄いボリュームだった。おそらく昨晩は到着が遅くなったため、おにぎりだけ出してくれたが、夕食の料理は朝食にまわしてくれたのだろう。いつもならとても食べきれない量だが、昨日疲労困憊したリカバリーなのか完食できてしまった。
ゆっくりと9時過ぎに出発する。昨日の疲れの影響が心配だったが、とりあえずは大丈夫のようである。今日は風もなく穏やかで、海辺を走るサイクリングは最高の気分である。

尾鷲までは峠をひとつ越えるが、まだ元気なので昼前には到着する。ただ朝食を食べすぎたせいか全く食欲がないので、アイスクリームを食べただけで先を急ぐ。トンネルまではかなり登るが、途中一度休んだだけで登りきれた。トンネルを出た先で国道を離れて海岸まで急降下する。そのまま国道を進むと熊野市までは近いのだが、それだと海岸線から遠く離れてしまうのであえて遠回りする。

海岸線の道を行くと、楯ガ崎という有名な岩場も通るし(神武天皇上陸の地でもあるらしい)、熊野古道と何度か交差するので、時間があればさわりを歩くこともできると目論んでいた。
南紀・熊野古道ツーリング三日目
楯ガ崎までは半島の真ん中を突っ切って行くが、かなりの登りとなる。この頃になると、相当疲労を感じるようになってきた。道路から楯ガ崎まで行くには遊歩道をかなり下らなければいけないようだが、もう元気が残っていなかったので諦める。熊野古道の方も同様の理由で素通りしてしまう。夕方になると疲労感はますますたかまってきたので、昨夜と違って時間に追われるわけでもないしと、急な坂では自転車を降りて引いて行く羽目になってしまった。

熊野市には6時半に降り立ち、レストランで昼夜兼用のトンカツ定食を食べる。予定では今日は新宮まで行くつもりだったが、平坦な海岸線の道のようなので2時間ほどで行けそうだったが、連日の深夜残業となるのはいやだったので、熊野市泊まりになってしまった。

|

« 南紀・熊野古道ツーリング二日目 | トップページ | 南紀・熊野古道ツーリング四日目 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南紀・熊野古道ツーリング三日目:

« 南紀・熊野古道ツーリング二日目 | トップページ | 南紀・熊野古道ツーリング四日目 »