« 南紀・熊野古道ツーリング最終日 | トップページ | リハビリ・クライミング »

2015年3月 5日 (木)

スノーシュー山行

スノーシューは数年前の上信国境尾根縦走に際して購入したのだが、未使用のまま藪の中で紛失してしまって以来、いまいましい存在として買わずじまいであったが、今回、南アルプス前衛の守屋山と北八ツのスノーシュー山行の募集があり、いずれも行ってみたいところだったし、スノーシューも貸してもらえるとのことだったので、参加させてもらった。

守屋山はスノーシューをつけるほどの積雪ではなかったが、練習のためにスノーシューを装着してみた。歩き方自体はワカンとだいたい同じようなもので、特に問題はなかった。守屋山は東峰と西峰があり、西峰の方が若干高いようで皆は西峰まで出かけたが、私は故障中の人と一緒に東峰止まりとした。東峰でも十分な展望が得られ、北中南アルプスから八ヶ岳までほしいままの眺めであった。

その晩は参加者の一人の別荘に泊まらせてもらって、女性陣による料理に舌鼓をうちながら、たらふく酒を飲んで楽しい一夜を過ごした。

Snowshoo

翌朝は前日とは打って変わった降雪模様である。ダメもとでロープウェーに乗ってピラタスまで上がる。ロープウェーを降りると思ったほどの悪天ではなく、登り出すと一時的に薄日がさしたり、周囲の山々が瞬間的に望めたりしたので、当初の予定よりもコースを短縮してスノーシューで散策することとなった。途中、ツボ足では踏み抜いてしまうような所でもスノーシューならば沈まないことがわかってスノーシューの威力を実感した。

下山するにつれて天気は悪化したが、無事山麓駅に到着してここで現地解散となった。途中、境川のPAで前回完食できなかったWカツカレーのリベンジも果たし、満足できる山行であった。

 

 

 

 

|

« 南紀・熊野古道ツーリング最終日 | トップページ | リハビリ・クライミング »

歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スノーシュー山行:

« 南紀・熊野古道ツーリング最終日 | トップページ | リハビリ・クライミング »