« 大峰奥駈初日 | トップページ | 大峰奥駈最終目 »

2015年4月20日 (月)

大峰奥駈二日目

昨日のコース誤りによるタイムロスを取り戻そうと3時に起きて5時過ぎに出発する。今日1日は快晴が約束されているので目一杯歩くつもりだ。

水が足りなかったので大天井ケ岳は頂上に向かわず、トラバースして水場で水を補給する。しばらく行くとこれより先は女人禁制となる女人結界の門をくぐる。その後に山上ケ岳に向かう間に何人かの登山者に出会うが、さすがに女性登山者はいなかった。

山上ケ岳は大峰を代表する名山だから、土曜日の今日は賑わっているだろうと思ってたら、暗に反して、山頂近くで前後して歩いた四人パーティーがいただけだった。
大峰奥駈二日目

山上ケ岳の山頂からは雲一つない快晴の下で360度の展望が楽しめる。ところがここから南に向かうものを奥駈というが、山頂からはその道が見あたらない。山頂直下の宿坊が立ち並ぶ広場の端に指導標があり、奥駈と思われる方向には柏木とある。地図を見ると奥駈道の途中から柏木に下って行く道があるので、こちらの道が正しいことがわかる。それにしても奥駈の表示がないのは、奥駈自体が一般的ではないと言うことか

柏木への分岐点は女人禁制が解かれる女人結界の門の外にあった。ここから先は奥駈の標識がちらほら現れるようになる。今朝、携帯で確認したところでは、好天は今日限りで明日は朝から雨とのことだったので、濡れたテントを撤収して担ぐのはいやなため、小屋泊まりにするつもりだった。ちょうど折よく小屋のある場所に出た。中を覗くと無人だが清潔で一瞬心が揺れたが、まだ2時過ぎだしここで泊まってしまうと明日の行程が苦しくなる。次の小屋までは随分と遠く、今日中に辿り着けるか危ぶまれるが、とにかく前進するしかない。

大普賢岳を過ぎたあたりから夕暮れとなり、西の連山に日が沈んで行く。一般縦走路にしては、不明瞭な所も多いだけに夜間の通過には不安はあったが、案の定、暗闇になると何度も道に迷い、時間をロスしてしまう。

最新の天気予報で明日の悪天になる時間が遅れるようならば途中でテントを張ってもいいやと思ったが、携帯が圏外のため確認ができないので前進するしかない。

9時近くに行者還岳まで0.5キロの石標のある地点に達し、小屋まであと一足である。行者還岳は主稜線から外れた所にあるので、近くに分岐点の標識があるはずだと探すが見つからないため、行者還岳を経由しても行けるのかと思って行者還岳に向かうことにした。

バテバテになって山頂に着くが、そこから先に行く道はない。やむをえず、石標まで戻ってよく探してみると主稜線上の弥山を示している小さな標識があったのでそちらに進むことにするが、その道はしばらくすると、稜線を離れて右の谷の方にどんどんと下って行く。最初は水場へ向かう道かなとも思ったが、他には道がないので、やむを得ずその道を進む。やがて「小屋まで200メートル」の表示が現れてホッとする。

時間は10時半で、今日は実に17時間以上の行動となってしまった。避難小屋にしては立派過ぎる小屋だったが、どうせ誰も泊まっていないだろうと扉をあけると案に反して先客数人が睡眠中であった(この時間では当たり前だが)。疲労困憊で食欲もなくなってしまったこともあるが、炊事の物音で先客を起こしてしまっては悪いので、酒とつまみを夕食代わりにしてバタンキューとなってしまった。長い1日だった。

|

« 大峰奥駈初日 | トップページ | 大峰奥駈最終目 »

歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大峰奥駈二日目:

« 大峰奥駈初日 | トップページ | 大峰奥駈最終目 »