« 夜勤明けの出勤はつらい | トップページ | 南木曽岳 »

2015年9月18日 (金)

闘いは今から

天下の悪法である安保法制は自公の多数のごり押しで成立してしまったが、敗北感は全くない。それどころか闘いは今からだとファイトが湧いてくる。この闘いの中で、新しい市民運動の形ができ、自分もそれに参加できたわけだが、この運動がさらに発展して、民主主義と平和主義の日本が作られることを期待したい。

当面は安倍政権を退陣においこむことが差し迫った課題である。国会前の集会は今後も続けられるだろうから、できる限りは参加したい。そして安倍退陣の声が燎原の火のように全国津々浦々に広がってほしい。安倍が辞めても自民党の首相候補は代わり映えのしない連中ばかりであるが、日本を破滅に導かねない危険人物の安倍晋三よりも多少はましな政府ができるであろう。

本題の安保法制廃止の道筋については、ひとつは市民運動が直接関わるわけではないが違憲訴訟がある。安倍政権は最高裁の人事に介入して、政権よりの裁判官で固めてくるだろうが、与党推薦の参考人が違憲論を展開した前例があるだけに、法律の番人である最高裁がどのような審判を下すかに注目したい。

そしてもうひとつは来年の参院選とその次の総選挙で自公の過半数割れを実現して国会の場で安保法制を廃止させることである。市民運動として特定の政党を支援するわけにはいかないだろうから、「安保法制に賛成した議員は落選させよう」というような形になるのかもしれないが、公職選挙法の縛りも絡めて、これから議論が深められていくだろう。私も次の総選挙まではプライベートのメールや文章の末尾には「安保法制に賛成した議員は落選させよう」の文言を書くつもりだ。

このブログでは安保法制関係の話題が続いたので、うんざりされていらっしゃるかもしれませんが、私の方からすると、これだけ書き続けても全くコメントがつかないのが拍子抜けでした。事故についてのコメントよりも、安保法制についてのコメント(賛成の意見も含めて)を欲しかった。私のブログは毎日30人くらいの方が見ていられるようだが、声なき声というか顔の見えない読者というのは、かってな言い草ながら、あまり気持ちのよいものではありません。

|

« 夜勤明けの出勤はつらい | トップページ | 南木曽岳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 闘いは今から:

« 夜勤明けの出勤はつらい | トップページ | 南木曽岳 »