« 徹夜の抗議行動 | トップページ | 闘いは今から »

2015年9月17日 (木)

夜勤明けの出勤はつらい

朝5時まで国会前でシュプレヒコールをあげ続けて解散となったが、9時から委員会が開始されるため、それに圧力をかける必要から早い時間に戻ってくるとなるとほとんど寝る時間はなかった。

さすがに一睡もしてないと体に力が入らず、シュプレヒコールも腹の底からではなく、口先だけとなってしまう。

委員会は9時開始予定だったが、与党の稚拙な運営と野党の抵抗により、膠着状態となって議事が進まず、与党のスケジュールよりもかなり遅れてきている。我々としては喜ぶべきことなのだが、昨晩が山場と睨んで徹夜をしてしまった自分としては、山場が今晩にずれ込んでしまうと、さすがに仮眠なしの連続夜勤をする体力気力がないため、本当の山場となりそうな今晩に徹夜で抗議行動ができそうもないのは残念なことである。

今日は台風の影響もあるのか朝から土砂降りでデモ日和とはいいがたいが、それにもかかわらず、平日の昼間だというのにすごい人の集まりである。これで夜になったらどれだけ集まるのか想像がつかない。それだけ安倍政権に対する怒りが激しいのだろう。

ところが、その後状況は一変する。今夜あたりかと思われた強行裁決が夕方におこなわれてしまったのである。もちろん、これで法律が成立したわけではなく、本会議での裁決が必要で、その前に首相に対する不信任が出されるだろうし、場合によっては牛歩戦術がとられるかもしれない。そうだとしても連休前に法案成立を図るという安倍政権の方針を覆すのは難しいであろう。しかしながら、ここで落ち込む必要は全くない。たとえ、この法律が一度は成立したとしても、それを葬ればいいだけのことである。具体的な方法は次回に論じることとして、その前にやるべきことがある。安倍晋三が敬愛してやまない祖父の岸信介が安保条約成立後にその非民主的なやり方について国民の怒りを買って退陣においこまれたように、民主主義と平和主義の敵である安倍晋三を退陣に追い込まなければならない。そのためには安保法制反対に向けられたエネルギーをどれだけ安倍退陣に集約できるかがポイントとなるだろう。さしあたっては、強行裁決を知った後の今夜の集会参加者数がひとつの試金石となるであろうが、心配した仕事帰りの参加者は正確な数はわからないものの、今までと遜色ないかそれを上回るように思われたので一安心である。なお今日はここ数日の過剰警備(反原発デモの時の数倍か)よりもさらに警備が強化されたように見えるのは警察幹部に強行裁決の情報が流されたためだろうか。いずれにしても目に余る過剰警備は安倍のこの法律に対する執念の現れか?こんな無駄なことは止めて、鬼怒川水害の復旧に注力しろ!

安倍は法案成立という既成事実さへ作ってしまえば、運動も下火になるくらいに思っているかもしれないが、「なめたらあかんぜよ」である。安倍を退陣に追い込むまであきらめないというのが、集会に参加した人の大部分の気持ちだと思う。

|

« 徹夜の抗議行動 | トップページ | 闘いは今から »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夜勤明けの出勤はつらい:

« 徹夜の抗議行動 | トップページ | 闘いは今から »