« 高野山町石道と西国三十三札所 | トップページ | 栃木県内の残りの札所参拝 »

2015年11月26日 (木)

ふるさと納税って変じゃない?

ふるさと納税は自治体に寄付した翌年の確定申告で寄付した金額の一定割合が控除されるものだが、本年から制度も拡充されて寄付した金額と節税額がほぼ同額となる金額も大幅に増加したことに加えて、寄付を受けた自治体からのブレゼントも充実していることが人気に拍車をかけているようだ。特に年末近くに寄付すれば、節税効果が受けられるまでのタイムラグも短くて済むことから、ネット上では所得に応じた「最適」寄付金額をシミュレーションするコーナーが花盛りである。でもこれってなにか変だ。

寄付というのは、本来は見返りを求めない無償の行為のはずなのに、自治体からのブレゼントを含めると、寄付した金額以上の見返りを求めるというのは、さもしい根性としかいいようがない。さらに政策論として見ても、地方振興という趣旨を逸脱して、自治体からのブレゼントをエサにした自治体間の税金の分取り合戦に堕落したといっても言い過ぎではないだろう。

こんな政治感覚の欠如した制度を作ったのが、上から目線の「粛々と」いう流行語大賞候補にもなった言葉で沖縄いじめを続けている菅官房長官が総務相の時だというから、さもありなんである。しかも、これに懲りずに、企業版ふるさと納税も考えているというから何をかいわんやである。

|

« 高野山町石道と西国三十三札所 | トップページ | 栃木県内の残りの札所参拝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ふるさと納税って変じゃない?:

« 高野山町石道と西国三十三札所 | トップページ | 栃木県内の残りの札所参拝 »