« 闘いの展望 | トップページ | 原発擁護論の誤り »

2015年11月12日 (木)

河野行革相は安倍政権のガス抜きだ

自民党の中では珍しく脱原発を明言している河野行革相が自民党版事業仕分けにおいて予算の無駄遣いを指摘している様子がテレビで放映されて溜飲を下げてる向きもあるかも知れないが、これは安倍政権のガス抜き以外のなにものでもない。なんとなれば、この指摘にはなんの強制力もなく、予算編成や執行に活かされる保証は全くないからである。自民党の中では限られた良心とも言える河野太郎氏の主張をもし安倍晋三か政策に取り入れるつもりがあるのであれば、強制力や予算権限のある省庁のトップに抜擢したであろうが、あくまで安倍政権に不満を持つ人に対するガス抜きとしてしか考えていないのであろう。

|

« 闘いの展望 | トップページ | 原発擁護論の誤り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 河野行革相は安倍政権のガス抜きだ:

« 闘いの展望 | トップページ | 原発擁護論の誤り »