« 鳥取出張 | トップページ | 痛恨の宜野湾市長選結果 »

2016年1月24日 (日)

久々の山

山登りにはしばらくご無沙汰していたが、翌週は北海道に出かけるので寒さに慣れておく必要もあって、通いなれた曇取山に日帰りで行ってみることにした。若い頃によく登った時は奥多摩駅から石尾根経由で行くのが常だったが、今の体力では日帰りではとても行けそうにないので、鴨沢からの最短路をとることにした。

奥多摩の始発バスは6時だが、私の乗ったのは8時半発で鴨沢には9時過ぎに着いたので、標高差1500メートルの山を日帰りで往復するには少々遅い時間たが、途中で引き返すことも覚悟の上で出発する。

歩き出すとすぐに雪が現れるが、大した量ではないし、氷っているところも少ないので、アイゼンなしでも歩行に支障はない。2時間ほど登ったところで早目の昼食を取ってから再び登り出す。

当初は1時になったら登頂できなくても下山するつもりだったが、山頂が間近に見えるものなので、1時を過ぎてもまだ前進してしまう。やがて頂上直下の小屋に到着し、頂上まで30分の地点に達したが、時間は1時半となり、タイムアップとなる。最終の快速ホリデーに接続するバスの鴨沢の発車時間まで2時間半しかなく、ここまでの登りで4時間ちょっとかかったので、果たしてまにあうかどうか微妙なところである。スピーディーに下るためにアイゼンを装着する。
P1040557
1時間ほど降りたところで、同じバスに乗ってきた7〜8人のパーティーとすれ違う。随分とゆっくりしたパーティーだが、小屋泊まりだろうから明るいうちにはなんとか小屋には辿り着くだろう。この後は、もう登ってくるパーティーもないし、降りてくる登山者もいないだろうと思っていたら、背後に人影を感じたので振り返ると、若い登山者が迫っていた。道を譲るとあっという間に先に進んでたちまち見えなくなってしまったので、もう追いつくこともあるまいと思っていたら、しばらくすると前方で先ほどの若者が立ち止まっている。アイゼンに不具合が生じたのかもしれないが、林道に降りてくるまで若者は追いついてこなかった。

林道に降りついた時は4時を過ぎており、乗ろうと思っていたバスの発車時間となってしまった。その後のバスの発車時間は調べてなかったが、あるとしても1時間以上は後たろうからと休憩していると先ほどの若者も降りてきた。彼もコンロを出して休憩に入ったので、私はアイゼンを外して先にバス停に向かって降りだした。バス停に着くと、最終バスはあるにはあったが2時間も後である。弱ったなと思っていたら、先ほどの若者が降りてきて一緒にタクシーを呼んで帰ることになったので、最悪の事態は免れた。

|

« 鳥取出張 | トップページ | 痛恨の宜野湾市長選結果 »

歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久々の山:

« 鳥取出張 | トップページ | 痛恨の宜野湾市長選結果 »