« 自民党憲法改正草案を読む | トップページ | 辺野古和解に思う »

2016年3月 3日 (木)

0SIMスタート

0SIMスタート
何年か前に携帯をなくした時に(結果的にはだいぶ後になって見つかったのだが)、買い替えに際してスマホにするかどうか悩んだが、結局は携帯にしてしまった。直接的な理由としてはパソコンにバックアップしていた携帯のアドレス帳がスマホでは使えない(携帯からスマホには移動できるのだが、携帯自体が行方不明)と言われたためであるが、それ以前に本体のみを格安で入手したスマホに携帯のSIMを挿して試したところ、音声通話が携帯と比べてやりづらいことも一因だった。

その後、Xperiaというタブレットを買い、無線LANの使えるところではネットを使用していたが、使用頻度はさほど高くはなかった。と言うのは、携帯のIモードでもほとんど用が足りていたからで、自分は一生スマホを使うこともあるまいと思っていた。

ところがタブレットにアプリを入れすぎてメモリ不足になったためかどうかはわからないが、山で地図ロイドというソフトを使っていると、電気節約のためにスリーブした後に再開してもGPSが効かなくなり、再起動を余儀なくされていた。そこで、あまりアプリをインストールしていないスマホで地図ロイドを使うことになり、未使用状態のスマホが再び日の目を見ることになった。

そんな時にso-netから基本料金なしで使える0SIMというデータ通信専用SIMが発売されていることを知り、早速契約してスマホで使ってみることにした。契約時には3000円の加入料が必要だが、月500メガまでは無料で、それ以上使用すると課金されるが、5ギガ1600円が上限で、それ以上使用すると追加の課金がない代わりに接続スピードが落ちるというものである。ただし、3ヶ月アクセスしないと契約が自動解除されてしまうのは要注意である。まあ私が使うのは無線LANが使えない環境でIモードに対応してないサイトにアクセスしなければならないといった限られた場合なので、ピッタリしているのではないかと思う。

送られてきたSIMをスロットに差し込むところでつまづいてしまった。表裏上下と4通りでやっても、いずれもカチッと入るにもかかわらず、スマホを起動するとSIMが挿入されていないというメッセージがでてしまうのである。なんど入れ替えをしてもメッセージはでてしまうので、メッセージは無視して設定をしたところ、正解の入れ方をした時の設定でネットにつながり一件落着となった。たったこれだけのことで随分と時間を空費してしまった。まだ使用感を報告できるほど使っていないが、気づいたことがあったら報告していきたい。

|

« 自民党憲法改正草案を読む | トップページ | 辺野古和解に思う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 0SIMスタート:

« 自民党憲法改正草案を読む | トップページ | 辺野古和解に思う »