« プランター | トップページ | 九頭竜湖 »

2016年4月28日 (木)

23区最高峰

23区最高峰
京橋に用事があり、その後はフリーだったので、前から気になっていた23区最高峰を「登って」くることにした。何でも23区最高峰はふたつあり、ひとつは比較的しられている港区にある愛宕山だが、これは自然の山であるが、新宿区にある箱根山は人工の山ではあるもののこれよりも高いそうである。もっとも23区最高地点は練馬区内の関町にあるそうだ。因みに東京都全体の最高峰は奥多摩にある雲取山である。

 

まずは愛宕山に向かうべく、新橋で下車する。最短距離ならば15分くらいでつくはずだが、わかりにくい道のために倍近い時間がかかったが、目の前に小高い台地が見えてきた。

 

階段を登ると愛宕神社の一角に辿り着き、標高26メートルの23区最高峰である愛宕山頂上である。西郷隆盛率いる官軍の江戸城総攻撃を前にして勝海舟が西郷と会談した折りに、勝はここから江戸市中を西郷に見せて、総攻撃がいかに無謀であるかを理解させて無血開城に導いたとされる歴史上の舞台でもある。

 

愛宕山といえばNHKの発祥の地でもある。そのため隣にはNHKの博物館があり、懐かしい番組のビデオが多数放映されていた。一通り見終わってから浜松町に向かう。

 

浜松町からは山手線を半周して新大久保で下車し、戸山公園付近にある箱根山に向かう。駅からの距離は愛宕山とほぼ同じであるが、大久保通りをまっすぐ行けばいいのでわかりやすい。箱根山の正確な位置は調べてなかったが、公園内を高見を目指して歩いていけば自然と着いてしまう。

 

標高は44メートルと愛宕山より少し高いが、大名の庭に池を掘ったときの残土を積み上げてできたそうである。その後、陸軍の施設置かれ、かの悪名高き石井部隊が細菌兵器の研究も行われたそうだが、真相は不明である。頂上には近くで登頂証明書をくれると書いてあったので、登頂証明書なぞをもらったのはガッシャーブルムの時だけだったので、帰りにもらっていくつもりだったが、場所がわからずじまいで帰るしかなかった。

|

« プランター | トップページ | 九頭竜湖 »

歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 23区最高峰:

« プランター | トップページ | 九頭竜湖 »