« 能郷白山 | トップページ | 5.3憲法集会 »

2016年5月 1日 (日)

名松線

JR全線乗車を進行中だが、JR東海はこの名松線と大垣から美濃赤坂に向かう東海道線の支線だけが未乗車であった。前者は昨日乗ることも可能であったが、松阪到着がかなり遅くなってしまうし、ムーンライトながらの発着駅である大垣はこれからも行く機会があるということで割愛したが、名松線は位置的にめったに行く機会がないために今回の旅行に組み込むことにした。

名松線の松阪始発は7時32分と遅いのでゆっくりとホテルを出発する。途中の家城で乗り換えて終点の伊勢奥津を目指す。名松線という名称の「松」は松阪を指すのは言うまでもないが、「名」は当初は名張まで延伸する予定だったためにつけられたそうである。

終点の伊勢奥津ではかなりの観光客が下車したが、今年の3月に名松線が復旧したために来た鉄っちゃんが多いようである。地元では近くの名所をめぐるバスを仕立てたりして観光客の呼び込みに必死だが、果たしてこの賑わいがいつまで続くだろうか?なにしろ以前の伊勢奥津駅の1日当たりの利用客数は数十人だったそうだから。JR各社が災害で不通になるとこれ幸いと廃線にしてしまう中で、利用頻度の高くない名松線が復旧されたのも不思議である。地元の運動に加えてなんらかの助けがあったのだろうか。
名松線

伊勢奥津は伊勢本街道に面し、大阪奈良方面からのお伊勢参りの宿場として賑わったそうである。時間があればゆっくりと見学したいところであるが、急ぎ旅のために割愛せざるをえない。事前に調べたところでは名張方面のバスがあり、自転車持ち込みもOKということだったが、駅前にはそのようなバス停は見当たらなかったので、やむを得ず、乗ってきた電車にまた乗り込む。ただ、松阪までは乗らずに、近鉄線が並行するようになるあたりまで来たところで乗り換える。というのは近鉄線の中川松阪間が未乗車だったからである(昨夜は松阪まではJR利用だった)。

賢島では最初はぐるっと一周するつもりだったのだが、サミット警備でそこらじゅうに警官がいてどうも落ち着かないし、私自身も不審者と間違われかねない格好でもあるので、一刻も早く賢島を去りたいという気持ちでフェリーに乗船する鳥羽に向かうことにした。最初は海岸線沿いに行くことも考えたが、昨日同様に応急修理した箇所に不具合がでるとまずいので、いつでも輪行に切り替えられるようにと線路沿いに行くことにした。

鳥羽までの約25キロはなんとか不具合も出ずにフェリーに乗り込むことができた。後は伊良湖岬までの1時間弱の伊勢湾横断の航海を楽しむだけだ。

伊良湖岬から三河田原駅までは最短距離で26キロだが、前回渥美半島を一周した時は伊良湖岬の北側の海岸線を割愛したので、今回はそこを通るつもりだったが、手負いの自転車では無理は禁物と最短距離を行くことにした。幸い今回も不具合は出ずに無事に三河田原に到着した。夜行バスまでは少し待ち時間があるので、未乗車の私鉄を乗り継いで名古屋に向かった。

|

« 能郷白山 | トップページ | 5.3憲法集会 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名松線:

« 能郷白山 | トップページ | 5.3憲法集会 »