« 栃木・福島「県境」走破 アクシデントによりリタイア | トップページ | 熊本へ »

2016年5月 8日 (日)

栃木・福島「県境」走破 最終日 無事帰京

今日は駅まで1時間ちょっとのゆっくりした行程なのでのんびりと出発の準備する。つづら折りの坂を下りきると鬼怒川河岸に降り立つ。最初は早い流れだったが、じきに緩やかになる。昨日以来、初めて自販機のあるところで休憩し、缶コーヒーとパンで二度目の朝食を食べる。川岸にすわりながら緩やかな流れと遠くに望める栃木福島県境の山々を眺めてのんびりする。
栃木・福島「県境」走破最終日無事帰京

川治湯元駅には9時過ぎに到着する。近くの日帰り温泉が10時オープンということなので自転車を輪行できる準備してから温泉に向かう。温泉で汗を流し、清流を眺めながらビールを飲む至福の一時を過ごす。帰りには温泉街に寄り道して 温泉饅頭と地酒を買っていく。

帰途は野上鉄道・東武線・メトロ経由なのだが、大型連休の最終日なので混雑を避けながら、大きな荷物をいかにスムーズに運ぶかということが最後かつ最大の課題である。浅草までの直通に乗れてまずは正解である。途中で次々と乗り込んできたが、下今市で特急乗り換えのためにかなり降りたので、終点までさほど混雑はしなかった。浅草駅では東武もメトロも古い駅のためか階段しかなく苦労した。下りだったから良かったけれど、登りだったら死んだぞー!背中と肩の両方にそれぞれ10キロ以上の荷物をぶら下げて移動する難業はもうそろそろ限界かもしれない。赤坂見附での銀座線から丸ノ内線への乗り換えはホームの反対車線で乗り換えが楽なために選んだ乗換駅である。最終下車駅の南阿佐ヶ谷はエレベーターが利用できることは確認済みであるが、改札口が先頭車両近くにあるため、浅草から乗り込むと必然的に後ろの車両となり、ホームの後ろから前近くまで移動しなければならないのだ。一番後ろ(又は前)の車両だと自転車を置くスペースがあって便利なのだが
、一駅で移動するのは大変なので、たまたま乗った電車が新宿止まりだったため下車した新宿駅でホームを多少前の方まで移動しておいた。おかげで南阿佐ヶ谷駅での移動距離は少なくて済んだ。南阿佐ヶ谷駅で無事改札を抜けてエレベーターで地上に上がったところで、やっと今回の旅は終わった気がした。

|

« 栃木・福島「県境」走破 アクシデントによりリタイア | トップページ | 熊本へ »

自転車」カテゴリの記事

コメント

おはようさんです!cir酒井です
県境尾根お疲れさん、素晴らしい
常に目標を持ちチャレンジ精神に感服
山馬鹿の当方は無理、以前筑波に自転車で
途中ギブ情けない…

投稿: | 2016年5月14日 (土) 11時06分

酒井さん、コメントありがとうございます。
今回登り損ねた三本槍(甲子からの縦走?) や帝釈山に機会があればご一緒しましょう。

投稿: vibram | 2016年5月14日 (土) 15時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 栃木・福島「県境」走破 最終日 無事帰京:

« 栃木・福島「県境」走破 アクシデントによりリタイア | トップページ | 熊本へ »