« 朝日連峰縦走 初日 大鳥池まで | トップページ | 朝日連峰縦走 三日目 朝日小屋まで »

2016年7月24日 (日)

朝日連峰縦走 二日目 狐穴小屋まで

朝日連峰縦走二日目狐穴小屋まで
大鳥小屋の他の宿泊者はみな竜門小屋まで向かうようで暗いうちから出発していったが、狐穴小屋泊まりと決めている我々は出発が最後となる(それでも5時ジャストには出たが)。

以東岳に向かうには池のどんづまりまで行って直登するコースとすぐに池と離れて尾根に取り付くコースがあるが、後者の方は遠回りではあるがきつい登りは無さそうだったので選択することにした。結果的には、最初こそは登りが続いたが、傾斜が落ちて稜線上を行くようになってからは高山植物が咲き乱れる別天地を行く素晴らしいコースであり、選択は正解であった。
200名山である以東岳には私は9時過ぎには着いたが、同行者が遅れがちで30分ほどしてようやく到着した。さすが、200名山だけあって、朝日連峰の名主である大朝日岳はもちろん、蔵王、船形山、月山、鳥海山といった東北の名山の眺めがほしいままである。ここから見える狐穴小屋まではなだらかな尾根が続いており、昼前には十分着きそうに思えたので、今日中に竜門小屋まで行くことも不可能ではないようだが、はたしてどうなることやら。

下りに入ると同行者の一人がまた遅れがちとなる。しばらく待って、追い付いたら歩き出すが、気がつくとまた遅れてしまうということの繰り返しである。この時点で、竜門小屋まで行くのは無理と判断して、私が先に小屋に着いて荷物をデポした後に同行者の所に戻って、彼の荷物を担いであげることにした。そのため12時過ぎには小屋のビールで乾杯することができた。竜門小屋まで行けなかったのは残念であったが、当初の予定通りの行動であるからよしとしよう。

|

« 朝日連峰縦走 初日 大鳥池まで | トップページ | 朝日連峰縦走 三日目 朝日小屋まで »

歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝日連峰縦走 二日目 狐穴小屋まで:

« 朝日連峰縦走 初日 大鳥池まで | トップページ | 朝日連峰縦走 三日目 朝日小屋まで »