« 北海道太平洋岸ツーリング7日目 アポイ岳登頂と襟裳岬観光 | トップページ | 北海道太平洋岸ツーリング9日目 寄り道 »

2016年8月13日 (土)

北海道太平洋岸ツーリング8日目 釧路到着

今日は150キロ近い長丁場であるが、釧路到着は遅くなっても構わないので、オリンピック放送をきりのいいところまで見てから出掛けたのて9時過ぎになってしまった。

釧路方面への道は帯広への道と別れるととたんに交通量が少なくなる。変化に乏しい内陸部の景色ということも重なって睡魔に襲われてしまうので音楽を聴きながら自転車を漕ぐ。

緩やかなアップダウンを繰り返して進んで行くと、やがて大河を渡る。十勝川である。ここからしばらくは十勝平野を行くので平坦な道が続き楽をさせてもらう。ただ50キロ以上もコンビニはおろか自販機もないのには参った。

ようやく自販機を見つけたが、まだしばらくはコンビニも飲食店もないようだし、時間も2時近くになっているので、持参した菓子を昼飯代わりとする。

小さな峠を越えると南下してきた根室本線と合流する。これで万一の場合でもJRで帰ることができると安心することができた。

帯広からの道と合流すると、また道が混んでくる。所々にある狭い道では後ろからの車に神経をすり減らす。今日中に釧路まで行ける目処は立ったが、暗くなってからも行動するのは危険を感じる。完全に暗くなる前に釧路の四つ手前の駅に着いたので、ここからは列車で釧路まで行くことにする。実は数年前に知床半島から自転車で釧路まで来た時に、釧路空港の下車駅であるこの駅までは列車に乗らずに自転車で来たので、今回はここから釧路までは列車を利用してもよいと計画段階から考えていたのだ。

釧路駅で下車して、とうとう道東の中心地までたどり着いたのだという安堵憾を味わう。釧路までたどり着けるかどうかわからなかったのでホテルは予約していなかったためまずはホテル探しから始まる。釧路にはたくさんのホテルがあるし、ホテルは駅に近い方から埋まっていくものなので、駅から遠いホテルから当たっていくと、すぐにホテルは見つかった。シャワーを浴びてから着替えて居酒屋に向かい、釧路到着と根室ノシャップ岬までの目処が立ったことに対して祝杯をあげる。

|

« 北海道太平洋岸ツーリング7日目 アポイ岳登頂と襟裳岬観光 | トップページ | 北海道太平洋岸ツーリング9日目 寄り道 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北海道太平洋岸ツーリング8日目 釧路到着:

« 北海道太平洋岸ツーリング7日目 アポイ岳登頂と襟裳岬観光 | トップページ | 北海道太平洋岸ツーリング9日目 寄り道 »