« 北海道太平洋岸ツーリング初日(北海道新幹線乗車と駒ヶ岳) | トップページ | 北海道太平洋岸ツーリング三日目 とよぬか山荘へ »

2016年8月 7日 (日)

北海道太平洋岸ツーリング二日目 函館から森の海岸線

朝食は函館駅前の朝市横の海鮮専門店で食べる。特別うまいわけでもなく、安いわけでもない(むしろ、かなり高い!)が、まあ気分の問題だろう。
北海道太平洋岸ツーリング二日目函館から森の海岸線
食後は港町の歴史を伝えるレンガ倉庫の脇を通って北海道最南端の立待岬に向かう。森昌子の歌くらいしか知らなかったか、与謝野晶子や多くの歌人が訪れていて、その筋では名高い所らしい。
北海道太平洋岸ツーリング二日目函館から森の海岸線

岬の先端が公園となっていて、先日訪れた下北半島の大間付近も望めるらしい(と言っても、とこが大間かはよくわからなかったが)。あたりは高山植物が咲き乱れ、クライミングエリアともなっている函館山南壁の荒々しい岩肌も見られて一見の価値のある所だ(路面電車でも岬近くまでは来られる(後は歩きとなるが)。

岬から今日の目的の森までは約120キロもある長い長い海岸線のツーリングである。走り出してまもなくサイレントが鳴り響く。一瞬何かと思ったが、すぐにわかった。広島被爆犠牲者追悼のサイレンである。昨年は慰霊祭に出席したことを思い出しながら、海に向かって(何で海なんだろう?)黙祷する。海岸線の前半は下北半島が間近に眺められる他、廃線の鉄橋跡が見られるのも興味深い。後半は最初は退屈で睡魔に襲われたため、バス停の小屋(北海道は冬のためにほとんどのバス停には風雪をしのげる小屋がある)で休憩したり、音楽を聴きながらペダルを漕いだりして、なんとかしのいだ。終盤になって駒ヶ岳の雄大な眺めが見られるようになると眠気は飛んでいってしまう。幸いなことに今日は昨日とはうってかわった雲ひとつない晴天で、駒ヶ岳の展望はバッチリである。写真を撮ろうと思ったが、気が急いていたので、森に着いてから撮ればいいやと、せっかくのシャッターチャンスを逃してしまった。森駅には予定よりも1時間ほど前に着いたのだが、
ビールや弁当を買いに行っている間に日没となってしまい、肝心の駒ヶ岳の写真を撮り損ねたのは残念であった。
Dsc00315
森から苫小牧までは徒歩ないし自転車で踏破しているので、今回は2時間ちょっとの特急乗車で通過してしまうのだが、苫小牧でホテルでくつろげると思ったら、そうは問屋が卸してくれなかった。今回の目的は北海道海岸線ツーリングの他にJR北海道の全線乗車があることは前回書いたが、それらを実現するためには、苫小牧に宿泊してしまうと行程がきつくなり、どうしても苫小牧の先の駅で仮眠しないと(ホテルもない辺鄙な駅のため)いけなくなってしまったのである。まだ旅の初めで体力が残っているうちだから、何とかなるだろう。

そう思って、千歳線の沼の端駅に下車したのだが、ローカルな駅名とは裏腹に十分に街中の雰囲気のある駅で(無人駅ではあるが)、駅前の広場には盆踊りの屋台が組まれていて大勢の若者が深夜にもかかわらずたむろしている。おまけに幹線路線のためか、貨物列車がひっきりなしに通過する。「こんな所では寝ちゃいられない」と、日高本線の駅に移動することにした。だが、途中の駅の場所がわからず、24キロ先の終点の鵡川まで行く羽目になってしまった。本日の走行距離は150キロを越える頑張りとなってしまったが(鵡川到着は日を跨いでしまったが)、その分明日の行程が楽になるだろう。

鵡川の駅舎のドアにはカギが掛かっていて入れなかったが、駅前は誰も来そうもない雰囲気だったので、駐輪場の脇で仮眠することにした。連日睡眠不足が続いたので、横になるなりバタンキューであった。

|

« 北海道太平洋岸ツーリング初日(北海道新幹線乗車と駒ヶ岳) | トップページ | 北海道太平洋岸ツーリング三日目 とよぬか山荘へ »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北海道太平洋岸ツーリング二日目 函館から森の海岸線:

« 北海道太平洋岸ツーリング初日(北海道新幹線乗車と駒ヶ岳) | トップページ | 北海道太平洋岸ツーリング三日目 とよぬか山荘へ »