« 北海道太平洋岸ツーリング8日目 釧路到着 | トップページ | 北海道太平洋岸ツーリング最終日 なんとか根室まで辿り着く »

2016年8月13日 (土)

北海道太平洋岸ツーリング9日目 寄り道

今日は頑張れば根室まで行けないことはなかったが、日数に余裕があり、少々疲れぎみのことでもあるので、ゴールのノシャップ岬までの距離の3分の1くらいの所の厚岸から少々寄り道したところにキャンプ場があるので、休養がてらに寄り道をすることにした。

スタートしてしばらくして登り坂となるが、のんびりムードのためか力が入らず、バテバテになってしまう。さらに悪いことには前輪に異様な音がするようになる。最初は気にしてなかったが、どうもブレーキ部分の一部ががタイヤと触れる時に音が出ることがわかった。

このまま走り続けても問題がないかはわからなかったが、音がわずらわしいので、前輪のブレーキを外してしまう。たいした急傾斜の下りがあるわけでないので、後ろのブレーキだけでも格別問題はない。

厚岸手前のラーメン屋に昼飯を食べに入ったが、超満員でいつ食事にありつけるかわからない。業を煮やして店を出てしまい、その先にあるコンビニで弁当を買って昼飯としたが、厚岸まで来るば、海産料理の店がたくさんあったので、もう少し我慢すればよかった。

厚岸から橋を渡って、半島の先端に上陸する。グーグルマップのキャンブ場検索ではすぐのところにあるように表示されていたが、実際はさらに3キロほど先に進まなければならなかった。

キャンプ場は210円という低料金にもかかわらず、がら空き状態であった。適当な所にテントを張り出したが、たちまち蚊の集中攻撃を受け、十数ヵ所を刺されてしまった。こんな凄いキャンプ場は初めてである。キャンプ場ががら空きなのはこのためだろうか。もっともバンガローや他のテント泊まりの人は屋外で平気で調理や食事をしているが、私はテントに篭りきりである。蚊に弱い自分は探検家にはなれなかったなあとつくづく思った。

明日はツーリングの実質最終日なので、今夜は早く寝て鋭気を養っておこう。

|

« 北海道太平洋岸ツーリング8日目 釧路到着 | トップページ | 北海道太平洋岸ツーリング最終日 なんとか根室まで辿り着く »

歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北海道太平洋岸ツーリング9日目 寄り道:

« 北海道太平洋岸ツーリング8日目 釧路到着 | トップページ | 北海道太平洋岸ツーリング最終日 なんとか根室まで辿り着く »