« 穴山合宿+横尾山ハイキング | トップページ | 北海道太平洋岸ツーリング二日目 函館から森の海岸線 »

2016年8月 5日 (金)

北海道太平洋岸ツーリング初日(北海道新幹線乗車と駒ヶ岳)

本年最高のツアーの開始だ。目的は3つある。最大のものは、タイトルにもある北海道太平洋岸ツーリングで函館から根室までの太平洋岸を自転車で走破(ただし、森から苫小牧までは走破済みなのでJR利用)することで、これにより日本本土最北端の宗谷岬から最南端の佐多岬までの太平洋岸を自転車と徒歩で踏破することになる(同区間の徒歩縦断は数年前に達成済み)。二番目は100名山の最後となる日高山脈の盟主である幌尻岳の登頂である。最後はおまけのようなものであるが、9割以上は乗車しているJR北海道の完全乗車達成である。もっとも災害で長らく運休している日高本線の鵡川以降は残ってしまうが、経営の苦しいJR北海道は多大な費用をかけて赤字の同区間を復旧するつもりはないだろうから、今回の予定達成をもってJR北海道は完乗とみてよいだろう。また北海道には私鉄がなく、JR以外の鉄道と言えば、札幌の地下鉄と函館の路面電車くらいしかないが、前者は完乗しており、後者も一部未乗車を残しているのみなので、余裕があれば完乗しておきたい。

まずは初めての北海道新幹線に始発に乗って新函館を目指す。満席で席なし特急券も発売されるほどの盛況であるが、早々と座席を予約していたので、新函館までの長丁場を快適に過ごすことができた。もっとも帰りの日にちが決まっておらず、いずれにしてもお盆の期間中になることは間違いないので、当日に座席を確保することは不可能に近く、4時間強のデッキ滞在を余儀なくされるだろう。

新青森から先が本当の意味の未乗車区間ということになるが、新函館までの乗車時間が1時間程度短縮されるだけではインパクトは弱いと言わざるをえない。もっとも九州から北海道までが新幹線で繋がるという象徴的な意味の方が大きいのかもしれないが。私も今回で鹿児島中央駅から新函館北斗駅まで新幹線を乗り通したことになる。
北海道太平洋岸ツーリング初日(北海道新幹線乗車と駒ヶ岳)

新函館で在来線に乗り換えるが、函館には戻らずに北へ向かう。これはひとつには200名山にも選ばれている駒ヶ岳を登るためであり、二つ目には函館本線の支線の海岸沿いの路線を森駅から乗車するためである。

函館本線を赤井川駅で下車する。ここが駒ヶ岳に登る唯一の登山道の登山口である。駒ヶ岳は200名山であることもさりながら、道南のどこからも眺められる雄大な山容を有し、日本列島徒歩縦断の一環として冬の道南を歩いていた時も常に眺めながら登高意欲を掻き立てられていた山である。もっとも山頂付近は火山活動のために立ち入り禁止で8合目の馬の背までしか行けないが、グレートトラバースの田中陽気君もそこで引き返しているようなのでやむを得ないことである。

赤井川駅を12時に出発して1時間半ほど自転車で進み、傾斜が急になってきたのでしばらくは押して進んだが、だんだんと砂地となってきて押して上がるのも辛くなってきたので、自転車をデポして軽い荷物で歩き始める。すぐ上に駐車場があり、かなりの台数の車が止まっている。

登山道を登り出すと、次から次へと下山してくる人とすれ違う。稜線まで1時間と案内が出ていたので、30分で登るつもりだったが、実際は40分かかってしまった。それでも最後の10分は時間換算では750メートルの獲得標高に相当するペースで登れたのでまずまずであった。

稜線上の馬の背には、この時間はもう誰もおらず静まり返っていた。あたりは濃い霧に覆われていてピラミダルな形状の山頂付近を望むことはできなかった。ここから頂上までは1キロちょっととのことだが、火山活動を警戒して立ち入りの張綱が張ってある。誰もいないので頂上までいってしまっても咎められることはなさそうだが、よい子はもちろん来た道を戻ることにする。
北海道太平洋岸ツーリング初日(北海道新幹線乗車と駒ヶ岳)

下りは急なためにたちまち自転車のデポ地まで着き、そこから先は快適なダウンヒルである。予定よりだいぶ早く戻れそうだが、早く降りられても結局は同じ電車に乗ることになり、人家もない赤井川駅で長時間待たされるのはかなわないので、ひとつ戻った大沼公園駅ならば観光地でもあり、お店もたくさんあるだろうからと予定を変更することにした。

大沼公園の駅前で冷たい牛乳で喉を潤してから、予定を再検討すると、さらにもうひとつ戻った大沼駅からは1時間強の待時間で森駅行きに乗れるようだ。大沼と森の間は函館本線が海側と山側に別れて走るのだが、海側は未乗車だったので、当初は時計回りに一周するつもりだったが、大沼に戻って反時計回りに行くと函館には約1時間早く着けることがわかった。

大沼駅はお隣の大沼公園のような観光地ではないが、駅前にコンビニがあったので、待時間の間に缶ビールを飲んだりアイスクリームを食べたりして退屈せずにすんだ。海岸沿いの函館本線からの駒ヶ岳の眺めを楽しみにしていたが、相変わらずガスに覆われていて残念であった。明日も自転車で海岸沿いを走るので明日に期待しよう。

森駅では1時間半くらいの待時間があるので、海鮮物を食べたいと思って町をぶらっとしたが、居酒屋しかなく、結局コンビニで夕食を買う羽目になってしまった。

函館には9時過ぎに着いたが、今からホテル探しもわずらわしかったので、駅近くのネットカフェを今夜の宿代わりとすることにした。

|

« 穴山合宿+横尾山ハイキング | トップページ | 北海道太平洋岸ツーリング二日目 函館から森の海岸線 »

歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北海道太平洋岸ツーリング初日(北海道新幹線乗車と駒ヶ岳):

« 穴山合宿+横尾山ハイキング | トップページ | 北海道太平洋岸ツーリング二日目 函館から森の海岸線 »