« グローバル・フェスティバル | トップページ | 奥鬼怒&高原山 »

2016年10月12日 (水)

餓鬼岳

2年前に読売新道から燕岳まで縦走した時、最初は餓鬼岳まで足を延ばすつもりだったが、時間切れで登れなかったので、登り損なった山を今回登ってきた。なお下山口の中房温泉からは同じ200名山の有明山に日帰りで往復できるので、可能であれば両方登るつもりだったが、天候不順で登山日数が少なくなったことや体調が万全でなく、いつもの頑張りがきかなかったこともあって、餓鬼岳のみで終わってしまった。

三連休なので餓鬼岳登山終了後に中房温泉から有明山を往復するつもりだったが、初日が全国的に悪天とのことだったので、二日間で登るとなると有明山まではちょっときついが、1日目で東沢乗越あたりまで進むことができれば不可能ではないと思えた。

出発前に少し風邪気味だったのて、どうしたものかと思ったが、今までの経験では、このくらいの風邪は山に入ってしまえば、たいていは治っていたし、歩き始めて体調が戻らなければ、そこから戻ればいいだけだと考えて出発することにした。信濃大町駅前で夜行バスを降りた時にはかなりの雨が降っていたが、登山口である信濃常盤駅に戻ると雨の勢いは多少は弱まっていた。午前中の降水確率は80%だが、午後には20%に下がっているので、9時を過ぎれば、雨も止むことを期待して傘をさしながら出発することにした。

駅前には「餓鬼岳登山口」の立看板が立っているが、公共の交通機関がないため、大部分の登山者はマイカーを利用しており、駅から歩く人などはほとんどいないのだろう。実際に2時間近くかけて登山口まで歩いて見ると全国各地のナンバーを着けた車が10台以上駐車しており、そこそこ人気のある山のようである。

歩いている間にだいぶ体調は良くなったように感じられたので、登山を続行することにしたが、本調子ではないため、ペースは上がらない上に、つまらない所で足をすべらしたりもした。そんなこんなで今日中に餓鬼岳から先に向かうなどは思いもよらないことで、餓鬼岳に着くだけで精一杯であった。

頂上まで1時間ほどの所まで登り、なんとか暗くなる前に小屋近くのキャンプ場まで辿り着けるかと思ったが、その時、小沢を横切って地図にはない水場があることを発見した。おまけに1人用テントならかろうじて張れるスペースまであるではないか。迷うことなく、ここにテントを張ることにした。
Dsc00585

翌日は暗いうちから起き出し、四時頃に出発する。昨日は疲れた身体で登るよりも、朝の元気なうちに登った方がと思ったものだが、全然そんなことはなく、本調子でない今のペースでは頂上までは2時間近くかかってしまい、すっかり夜が明けてしまった。

頂上は小屋から5分ほどの至近距離にあるが、小屋に泊まっていた登山者の登頂は一段落を終えたようで、頂上は静まりかえっていた。晴れ渡った空の下、360度の展望を楽しんでから小屋に戻る。
Dsc00586頂上からの北ア展望(左奥は槍ヶ岳)
Dsc00588北アルプス北部の山々

小屋を出発した登山者が何人も先行しているのが見える。いつもならば、かなりの先行者を追い抜いて行けるところだが、今日はとても無理なのでしんがりをゆっくりと歩いて行くことにした。小屋付近の表示では東沢乗越までは3時間とされていたので、いつもならば2時間程度で行けるだろうが、今日の調子では4時間はかかるだろうと思っていた。ところが、実際には5時間もかかってしまった。コースの半分近くは岩稜帯で、岩を避けながらアップダウンを繰り返していくため時間がかかるにもかかわらず、コースタイムが3時間となっているのが不思議だった。
Dsc00590餓鬼岳から見た行く手の岩稜帯

小屋を出発する時は、最終バスには余裕で間に合うだろうし、日帰り温泉でひと風呂あびることもできるだろうと思っていたが、東沢乗越まで思いの外時間がかかったこともあったため、中房温泉までのコースタイム3時間のところも、大幅に遅れてしまうと、最終バスに乗り遅れることにもなりかねないと、少々焦りも出てくる。そこで気分を引き締めて急な坂を急ぎ足で下ると、コースタイム1時間の所を40分で下ることができて、温泉の望みも復活してきた。

ここから先の沢沿いの下山道は傾斜は落ちたものの、徒渉や高巻きの連続で、一部コースが不鮮明なところもあり、ちょっとした沢下りをしているみたいで、ペースもガクンと落ちてしまい、後から来た登山者にも抜かれてしまった。

バス停には最終バスの発車時間前20には着いたが、これでは温泉に入る時間もなくなってしまい、おまけにバス停近くには売店も自販機もないため、ビールはバスに1時間ほど揺られた穂高駅までお預けとなった。穂高駅で下車すると、乗車する電車を1本遅らせて駅前の居酒屋に入り、登山の無事終了を祝って1人で乾杯をした。

|

« グローバル・フェスティバル | トップページ | 奥鬼怒&高原山 »

歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 餓鬼岳:

« グローバル・フェスティバル | トップページ | 奥鬼怒&高原山 »