« 忙しかった1日 | トップページ | ゴサイクンドトレッキングの記録アップ »

2016年11月23日 (水)

伊豆ヶ岳〜武甲山

勤労感謝の日はずっと雨マークが出ていたので家にいるつもりだったが、前日に天気予報を見たら秩父地方は昼間は晴れマークが出ているではないか。そこで以前から暖めていた計画を実行しようと思い立った。それは伊豆ヶ岳〜武甲山までの奥武蔵の主要ピークを繋げるロングコースである。

正丸で下車したのは8時半前だったが、遅い朝食を食べたりしていたら、出発は9時近くになってしまった。今日は長丁場でもあるので久しぶりにトレランでもしてみようかと思ったが、駅近くからいきなりの急坂で、もう坂をかけ上がる脚力はなくなってしまったので、急ぎ足で進むことにする。前を行くハイカーをごぼう抜きしていったが、いくら抜いても、前には別のグループがいる。伊豆ヶ岳はかなり人気のある山らしく、頂上まで人の列が切れることがない。

頂上直下にクサリ場がある所で右に巻道もつけられていたが、もちろんクサリ場の方を進む。クサリ場と言ってもクサリを使わなくても、岩場の端の踏みあとを辿って行けば手はほとんど使わずに登れてしまう。岩場を登りきった所で巻き道を登ってきたグループっ合流するが、岩場からの道は巻き道と合流する手前にロープが張ってあったので、一瞬、登ってはいけない所を登ってきてしまったのかしらと思ったが、よく考えたら、登りはいいけど、下りは危険だから立ち入らせないためのロープだと気付いた。

伊豆ヶ岳は奥武蔵の東端にあるため、山頂からの関東平野の眺めの素晴らしさで人気があるようだが、今日は天気予報が外れて曇り空のため、眺望は今一つであった。
Img_20161123_100015_burst001_cover

伊豆ヶ岳から山伏峠の方に足を踏み入れると途端に人に会わなくなる。ほとんどの人は周回して正丸に戻るようである。山伏峠まで急降下すると、そこには自動車道が通っていてちょっと興醒めであった。峠から先は急登の連続である。武川岳山頂では行動食のビスケットをベットボトルの紅茶で流し込んだが、初冬を思わせる寒気が体温を奪っていくので、コーヒーを沸かしながら談笑しているグループがうらやましかった。
Img_20161123_113641_2

武川岳からはまた急降下で妻坂峠に降りる。ここは6年前に家内と秩父札所巡りをした時に、秩父の札所をいくつか巡ったあとにこの峠を越えて名栗に下った所で懐かしかった。峠からはしばらくは急登となるが、すぐに傾斜が落ちて大持山へのダラダラ登りとなる。
Img_20161123_121639

大持山の手前で数人と出会ってからは誰とも会うこともない静かな山歩きが続く。大持山、子持山と越えて、今日の最終目的地である武甲山に3時に着いたが、時間が遅かったせいか、有名な山にもかかわらず山頂は無人であった。山頂からは秩父の町が一望でき、まっすぐ降りられれば早いのであるが、正面は石灰石の採石場のため立入禁止となっているので、大きく迂回しなければやらやい。前回は裏参道から往復して秩父夜祭りを見物したが、今日は表参道を下る。
Img_20161123_150426

Img_20161123_150447_burst001_cover秩父の街並み

参道には石搭が立っていて丁数が記入されていりので、それが減っていくのを励みにしながら下っていく。やがて妻坂峠からの道と合流する。前に通ったことのある道だと心強い気がするのが不思議だ。しばらく降りるとセメントのプラントが見えてきて携帯も通じるようになる。前回、妻坂峠越えををした時は、セメントプラントに行き交うダンプカーがひっきりなしに通り、二度と通りたくはない道だと思ったものだが、今日は時間が遅かったためにさほどのダンブの往来もなく、ストレスなけ歩くことができた。

コースタイム12時間のコースを休憩時間を含めて8時間半で歩けたし、関東100名山のうち3山も新たに登れたので満足すべき山行か

|

« 忙しかった1日 | トップページ | ゴサイクンドトレッキングの記録アップ »

歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伊豆ヶ岳〜武甲山:

« 忙しかった1日 | トップページ | ゴサイクンドトレッキングの記録アップ »