« 津軽を去る日 | トップページ | 熱海・湯河原観梅ツアー »

2017年2月 4日 (土)

伊豆大島一周

先週は津軽海峡冬景色を堪能してきたが、今度は暖かい海を味わいたいということで大島を訪れた。因みに2月の大島航路は閑散期のためか椿まつりのキャンペーンのせいか知らないが、料金が通常の約6割に引き下げられていてたいへんお得である。

去年家内と八丈島に行った時は最上級の特等の個室だったか、今回は最下級の2等の雑魚寝である。料金も数分の1と安いが、テントで寝ることと比べればずっと快適である。

翌朝6時、まだ夜明け前の岡田港に到着、どちら側から回るか迷うが、日の出を見たいので、東側から回ることにする。行きなりの急登で、気付いた時にはお日様は水平線の上に昇っていた。登りはその後も続き、標高は四百メートルを越えて、右手に三原山の山頂が間近に見えるようになる。登山路があれば登ってしまいたいところであるが、こちら側にはないようである。

その後もアップダウンが続き、かなり体力を消耗する。ようやくアップダウンが終わったと思ったら急降下が始まり、まもなく波浮港が見えてくる。この港をテーマにしたいくくつかの歌謡曲が生まれたことでも有名である。

ここまで来るのに3時間かかってしまった。予定ではとうに一周できている時間である。一周後に三原山まで自転車で往復するつもりだったが、今となってはその時間も体力もない。

南側から西側にかけてはアップダウンのない平坦な道が続く。津軽海峡とは異なる穏やかな真っ青な海が広がり、その向こうには伊豆半島、さらには富士山が望める。

元町港に着いたのはまだ10時だったが、朝はろくに食べていなかったので、ブランチとして名物のべっこう丼を食べる。薄味の漬け丼のような感じである。

いままで通ってきた大島一周道路は元町港からゴールの岡田港までは海岸線を巡らずに直行しているが、時間の余裕があったので、一周道路を離れて海岸に沿った道路を進む。

海岸沿いの道は野田浜で途絶えていたので、海岸を離れて岡田港に向かう。岡田港には出航3時間前に着いてしまう。三原山行きのバスもあったが、三原山は昔家内と来た時にも行った気がするので、岡田港で名物の明日葉のてんぶらを肴に生ビールを飲んだりして時間を潰して出航を待った。

三原山を自転車で登ることは叶わなかったが、好天に恵まれて、穏やかな海を満喫することができた。
2017020423053100
波浮港

2017020423051200
べっこう丼

2017020423050000
野田浜

2017020423034700
明日葉のてんぷら

2017020423033100
レインボーブリッジと夕日と富士山

|

« 津軽を去る日 | トップページ | 熱海・湯河原観梅ツアー »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伊豆大島一周:

« 津軽を去る日 | トップページ | 熱海・湯河原観梅ツアー »