« 1年ぶりの沖縄 | トップページ | 沖縄北端ジョギング »

2017年3月19日 (日)

高江から楚洲へ

今日の行程は沖縄北部の東海岸を北上するものである。高江行きのバスは1日3本しかなく、始発は6時半過ぎに民宿前のバス停を出てしまうので、朝食は頼まなかった。20分ほどで高江のバス停に着く。昨年あたりは騒然としていたのかもしれないが、今は幟等も全くなく、あれだけマスコミを騒がした所とは思えない静けさである。

バス停で朝食を食べてから歩き出す。しばらく行くとゲートがあって、その前に警備会社の警備員数人が立っていたが、反対派の人はいなかった。さらに進むと、別のゲートがあって、反対派のテントがあったが、中に数人いるだけで座り込みをするわけでもなかったが、ゲート前には警備員が十数人立って物々しく警戒していた。辺野古でも土日は資材搬入がなくて座り込みもやってなかったように記憶しているか、高江も平日には今も座り込みをしているのだろうか?テントに寄って話を聞いてみようかとも思ったが、今日の行程は長いのに、なかなか解放されなくなっちゃうのも嫌なので素通りしてしまう。

今日歩く北部一帯は天然記念物のヤンバルクイナの棲息地で、そこらじゅうに注意を喚起する看板等が見られるが、貴重な動物だけにめったに見られるチャンスはないのだろう。

今日歩いた約30キロの県道沿いにはお店はおろか、自販機もなく、左手の亜熱帯の原生林と時折右手に眺められる荒々しい太平洋に慰められて黙々と進んでいく。今晩泊まる民宿には3時半頃には着いたが、さほど歩いたわけでもないのに、どっと疲れがでてしまった。

宿は海辺の眺めの良い所ではあるが、テレビもなく、ネットにも繋がらないという今どき珍しい所である。まあ文明の利器の恩恵に浴さないというのは、ある意味では贅沢であるとも言えるので、今晩は早く寝て、明日の長丁場に備えて鋭気を養っておこう。
2017032118412100高江のゲート前

 

|

« 1年ぶりの沖縄 | トップページ | 沖縄北端ジョギング »

歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高江から楚洲へ:

« 1年ぶりの沖縄 | トップページ | 沖縄北端ジョギング »