« ジャワ料理試食とShall we 共謀 | トップページ | 共謀罪の国会審議が大きな節目をむかえる »

2017年4月24日 (月)

フェイスブック

私のインターネット歴は自慢じゃないが、かなり古くてインターネットがまだほとんど知られてない頃からである。当時はまだMS−DOSの世界でインターネットに接続すること自体が至難の業だった。C言語で書かれたプログラムを入手して、それを自分のPCで使えるようにカスタマイズしてからPCを動かせる機会言語にコンパイルしなければならないのだが、延々1時間もかけて終わったかなと思ったら、メモリー不足の表示が出て終了してしまい、当時1メガでたしか三万円もするメモリーを泣く泣く買ったりしたものだった。

その後にウィンドウズ3.1が出て、フリーソフトをカスタマイズすれば、比較的簡単にインターネットに接続できるようになったのだが、ウィンドウズ95が発売されてブラウザが標準でついてきて、多少の設定さへすればインターネットに接続できるようになったのは革命的であった。

インターネットが世の中を変えると信じ、まだホームページが珍しかった時にエディタでタグを書いてホームページを立ち上げたりしていた頃は時代の先端に近い所にいたのだが、進歩はそこで止まってしまい、時代の先端からは遅れるばかりだった。ブログまでは掲示板と比べての手軽さで利用したものの、ツイッターとかフェイスブックとなると特に必要性も感じず、このまま時代に取り残されて終わるかと思われた。

今回、突然フェイスブックを始める気になったのには訳がある。それは共謀罪反対に関するブログを多数書いているが、自分のブログは一日にアクセスする人は20人前後しかいないのでもっと大勢の人に発信できる方法はないかと考えた時に思いついたのがフェイスブックを活用することであった。

実際に登録してみて驚いたのは、思いの外、知り合いがたくさんいることだった。さっそく友達になることを選択して承諾をもらった人に対して共謀罪反対を交えたメッセージを送ってみようとするが、承諾時にメッセージをくれた人に対しては、返信を出す形でメッセージを送信できるのだが、そうでない人に対してはメッセージを書き込んでも送信マークが現れないのど送信できないのである。

もうひとつの問題は、見知らぬ人から多数の友達になることの承認を求められていることである。恐らくは、その人の友達のまた友達ということで連絡をしてきているのだろうが、見知らぬ人を友達として承認することは気持ちが悪いが、削除してしまうのもためらわれる。というわけで承認待ちは増える一方である。まだわからないことはたくさんあるが、おいおい慣れていくしかないだろう。

|

« ジャワ料理試食とShall we 共謀 | トップページ | 共謀罪の国会審議が大きな節目をむかえる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フェイスブック:

« ジャワ料理試食とShall we 共謀 | トップページ | 共謀罪の国会審議が大きな節目をむかえる »