« 共謀罪下を生きる | トップページ | 北海道一周の仕上げ( 積丹半島から渡島半島へ) »

2017年6月29日 (木)

北海道一周の仕上げ( 余市から積丹半島へ)

6年前の冬に函館から宗谷岬までを3回に分けて徒歩で歩いたのを皮切りに、その後は自転車で北海道の海岸線を回ってきたが、最後に残った余市から日本海側沿いに函館まで行くコースで北海道一周の仕上げを行うことにした。6年前に宗谷岬に向かった際は、3.11に遭遇し、この非常時に旅を続けることの後ろめたさから、帰宅後は震災ボランティア、続いては反原発デモ参加につながり、さらには市民運動にも参加するきっかけともなったもので、自分にとっては重要な一歩であった。

出発点となる余市までは始発の新幹線に乗っても新函館北斗から先は在来線を乗り継ぐので到着が夕方の4時過ぎになるといぅ1日がかりの鉄道の旅であった。

初日のズタートとなる余市にはニッカの工場があるが、以前に見学しているので素通りして20数キロ先の野営場にテントを張る。
2017070409351100
予定ではもう少し先まで行くつもりだったが、ここはコンビニが近くにあって便利だし、先の野営場まで行くと途中で暗くなりそうなので、ここに泊まることにした。積丹半島はあまり宿泊施設はないが、キャンプ場はたくさんあるので、荷物を気にしなければ便利な所である。

 

|

« 共謀罪下を生きる | トップページ | 北海道一周の仕上げ( 積丹半島から渡島半島へ) »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北海道一周の仕上げ( 余市から積丹半島へ):

« 共謀罪下を生きる | トップページ | 北海道一周の仕上げ( 積丹半島から渡島半島へ) »