« 北海道一周の仕上げ( 積丹半島から渡島半島へ) | トップページ | 北海道一周の仕上げ( 松前到達) »

2017年7月 1日 (土)

北海道一周の仕上げ( 渡島半島を南下中)

大平海岸を5時半に出発して数キロ先にあるコンビニに向かうが開店まで30分ほど待たされる(北海道オリジナルのコンビニは24時間営業ではないのだ)。

行動時の飲食物を買い求めて出発する。たくさんのトンネルを通り過ぎて瀬棚に近づいた時に前輪がパンクする。チューブ交換は何度も経験済みだが、ひさしぷりの作業なのでドツボに嵌まらないように気をつけてやったため30分もかからずに終わる。遅れを取り戻そうと出発したが、すぐに魚料理の店が目に留まる。北海道に来てからまともな食事をしてなかったし、今朝の食事は早くて昼食を摂ってもおかしくない時間だったので、店に入りウニいくら丼を注文する。
2017070409350901

満腹になってしばらく休みたかったが、時間がなかったので、次の目的地の大成に向かう。グーグルマッブでは高低差がわからないが、海岸線ではなく内陸部を通るコースなので多少の峠越えは覚悟していた。ところが大成の近くまで来ても大した登りは現れなかったので、このまま大成まで行けるのかと思ったら、最後に100メートルほどの登りがあって苦労させられた。

最初の予定では今日は江差まで行くつもりだったが、連日の長時間行動てなるため大成の少し先の熊石のキャンプ場にテントを張ることに決めかかっていた。そして熊石のコンビニで夕食用の食料を買っている最中にまた気が変わった。というのは、ここ熊石はそこそこの街で飲食店もいくつかあったので、テントでレトルト食品を食べるのはやめて、ここで外食を摂って夕食を済ませ、ビールとつまみだけを買って、江差方面に向かって行ける所まで行って道端にテントを張れば明日の行程が楽になるというものである。江差までの間にはキャンプ場はないが、昔アメリカで自転車旅行した際は車から見える場所にテントを張るとビストル撃ち込まれるということで、車から見えない所にテントを張った時と違い、どこに張っても問題はないだろう。

定食屋でエビフライ食べてから夕暮れ時に2時間ばかり進んで江差までの半分近くの小高い公園に着いたので、今夜はここにテントを張ることにした。日本海を見渡せる素晴らしいロケーションである。テントを張っているのは私だけだったが、何台かの車が停まっていて車中泊をするみたいだった。夜明けとともにテントを撤収するのだから問題はないだろう。

 

|

« 北海道一周の仕上げ( 積丹半島から渡島半島へ) | トップページ | 北海道一周の仕上げ( 松前到達) »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北海道一周の仕上げ( 渡島半島を南下中):

« 北海道一周の仕上げ( 積丹半島から渡島半島へ) | トップページ | 北海道一周の仕上げ( 松前到達) »