« 日本ロマンチック街道の走り残し部分走破と小浅間山登頂 | トップページ | 北朝鮮問題の唯一の解決策 »

2017年8月27日 (日)

有明山

18切符を利用して大糸線沿線の山で登り残しとなっている烏帽子岳と有明山を二日間かけて登り、アプローチと二つの山の連絡には自転車を使おうと目論んだのだが

初日は最寄り駅に着くのが早くても10時半となってしまうため、400メートルほど標高の低い有明山を登ることにする。それにしても登山口からのコースタイムは往復11時間となっているので、帰り道は夜道となることは覚悟する。有明山は二百名山に選ばれているが、中房温泉を挟んで対峙する燕岳に人気を奪われた不遇な山である。その上、有明山に登ろうなどという篤志家も登るのはほとんどが楽なコースの中房温泉からで、今回のコースである黒川沢はコースが長い上に難度も高いので登る人は稀なようである。

11時に細野駅から自転車をスタートさせ、登山口から登りだしたのは12時頃で標高差1200メートルちょっとの行程である。登りだして1時間もすると沢に降りる。標識があるのと要所にはクサリがつけられていることを除けば沢歩きの世界である。久しぶりの沢を楽しみながら歩くと後半は尾根に突き上げる急な登りが待っている。クサリ場の連続と滑りやすい道のために前半の沢歩きと同様にペースが上げられない。

3時か4時には頂上に着けるかと思ったのは大間違いでなんと5時半にようやく山頂に立つことができた。その時はまだまわりの展望を楽しむ余裕があり、9時過ぎには下山できるだろうと踏んでいて、明日の烏帽子岳の登山口付近までは遅くなってもいいから行くつもりだった。

だが、下りはじめてすぐにそんな甘い見通しは吹き飛んでしまった。登りでもペースを鈍らせた滑りやすい道とクサリ場の連続に難渋する羽目となった。おまけに道が途中で忽然と消えてしまって大いに慌てさせられた。

ライトで照らすと左手下方には踏みあとらしきものは確認できるのだが、標識は見つけられないので、正しいコースであると断定できない。それにコースが途絶えたところにロープがあるのだが、左側の地面に届くにはやや足りないし、第一こんな急な斜面をロープ1本で登る難場が一般コースにあるはずがないし、自分も登りで通った記憶がない。一方、右側下方は二つの岩に挟まれた凹角を下るようで、傾斜も緩くロープの長さも十分だが、そこから下って行く踏みあとが上から見たところでは発見できない。記憶を甦らせようとしても無理だったので、違うコースから登ってきたのかもしれないと、登り返してみたが、分岐点は見当たらなかったのでまたさきほどの場所に戻る。今度は尾根上を直進してみるが、予想どおり藪に阻まれて前進でない。最後の選択として右側を降りてみる。すると、二つの岩の間の割れ目に足をクサビ止めにする動作がやった記憶があると思い出した。しかし、下に降りてみると、やはり下っていく道はなく、上に戻って明るくなるまで待たなければならないかなと思いながら、ふと視線をずらすと、岩と岩との間に人が一人やっと通れる隙間があるではないか!その時やっとここを通った記憶が甦った。無事左側に抜けられたが1時間ほど時間をロスしてしまった。

そこから先は迷うことはなかったが、ペースが上がらないまま沢に降り立った。沢では何度か道に迷いながらもなんとか登山口まで降りることができたが、時間はなんと日付けが変わった零時半だった。登りよりも1時間半も余計にかかってしまった。

翌日に烏帽子岳に登ることは時間的にも体力的にも無理なので、駅に直行して始発電車を待つことにした。行きに下車した細野駅周辺にはコンビニがなかったので、有明駅に向かうが、駅に着いたのは1時半で、コンビニで買った酒を待合室で飲んだらバタンキュウであった。ハードな山行を2日連続で行うことなど、この年になったら無理だなとつくづく思い知らされた。
2017082712294602


|

« 日本ロマンチック街道の走り残し部分走破と小浅間山登頂 | トップページ | 北朝鮮問題の唯一の解決策 »

歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 有明山:

« 日本ロマンチック街道の走り残し部分走破と小浅間山登頂 | トップページ | 北朝鮮問題の唯一の解決策 »