« 小池百合子は安倍晋三以上の独裁者だ! | トップページ | 裏剣 アプローチ編 »

2017年9月29日 (金)

野党は死んだ。体制翼賛会の再来か、しかし絶望はしてない

小池新党の勢いがどこまで伸びるか予測しがたいが、仮に安部政権が退陣し、日本初の女性首相が誕生するようになったとしても、国の基本政策にはなんら変化はないであろう。なぜならば、小池百合子の政治的立場は自民党となんら変わることはなく、とってつけたような原発ゼロの公約も従来の彼女の主張からすると本心とは思えず、選挙目当ての一時的な作戦に過ぎないと思われるからである。。

しかし、選挙の前後を通じて確実に変わるものがある。曲がりなりにも日本の民主主義を支えてきた野党勢力が大きく後退し、実質的な体制翼賛会の再来が近づきかねないことである。

ただ戦前の日本と大きく異なるのは、戦争法や共謀罪法反対の運動の中で成長してきた市民運動の大きなうねりがあるということである。必ずしも既成の野党に頼りきらなくても行動できるようになった市民運動にとっての大きな試金石は来年にも予想される改憲発義後の国民投票に際しての改憲反対運動であろう。

もちろん野党との共闘の必要性がなくなったわけでは決してない。幸か不幸か、民進党のリベラル議員は小池新党からは拒まれるようなので、一刻も早くリベラル派で新党を結成し、野党共闘の再構築が図られることを切に願っている。今回、心ならずも小池の軍門に下らざるを得なくなった人を受け入れるためにも。

|

« 小池百合子は安倍晋三以上の独裁者だ! | トップページ | 裏剣 アプローチ編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野党は死んだ。体制翼賛会の再来か、しかし絶望はしてない:

« 小池百合子は安倍晋三以上の独裁者だ! | トップページ | 裏剣 アプローチ編 »