« 有明山 | トップページ | 新・三大目標 »

2017年9月 5日 (火)

北朝鮮問題の唯一の解決策

政府とマスコミは北朝鮮から今にでも核ミサイルが日本に飛んで来るかのように危機を煽っているが、間違いなく自分の体制崩壊を招くに違いない馬鹿げたことをやるはずがない。もちろん、アメリカが先制攻撃すれば、日本や韓国の米軍基地に対して反撃のミサイル攻撃を行うだろうが、仮にトランプが血迷ったとしても、側近が思いとどめてくれると信じたい。だが、すべてが合理的判断だけで動くわけでないことは過去の歴史が証明しており、今のような一触即発の緊張状態が続く限り、なんらかの偶発的要因で戦争が勃発する危険は否定できず、一刻も早い緊張緩和が不可欠である。

北朝鮮の核やミサイルの開発がここまで進んでしまった上に、中国やロシアがその地政学的要因から体制崩壊につながるような圧力には反対している以上は、緊張緩和の唯一の途は次の二点をアメリカが認めることしかないと思われる。

1。北朝鮮の体制を認め、不可侵条約を締結する。

2。核の所有は認める(ただし、一定の信頼関係構築後に経済支援と引き換えに今以上の核とミサイル開発を抑制する話し合いの場に北朝鮮を引きずり込む)。

昨夜のテレビを見ていたら橋下徹が「国際社会が負けを認めるしかない」と珍しくまともなことを言ってたが、そんな自明の理をマスコミも野党も言わないのが不思議でならない。

政府もマスコミも北朝鮮だけが挑発しているようなことを言うが、他人の庭先で米韓軍事演習を行って、元首の斬首作戦までするとは、これを挑発と呼ばずになんと言うのだろうか。この演習を止めることが、緊張緩和への第一歩である。

米韓は朝鮮戦争で北朝鮮と戦った関係にあり、いまだ戦争の後始末も終わっていないことを考えれば、北朝鮮との和解の橋渡しをするのは日本以外にはあり得ないはずであるが、その国の首相が「圧力」一点張りを声高に叫んで、北朝鮮の脅威を自己の政権維持に利用しようと考えているのは嘆かわしいことである。

|

« 有明山 | トップページ | 新・三大目標 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮問題の唯一の解決策:

« 有明山 | トップページ | 新・三大目標 »