« マスコミが報じない真実その3 アベノミックスの破綻 | トップページ | クンジェラブ峠越えの記録アップ »

2017年9月25日 (月)

道志山塊縦走( 十六夜山〜菜畑山)

日曜日は好天が見込めたので、近場で展望が期待できる所として道志山塊を縦走することにした。道志山塊は若い頃に登って以来久しぶりであるが、きっと南アルプスの展望が楽しめるだろうと期待していた。

十六夜山の登山口までのアプローチはヤフー地図で調べると途中の奥牧野という所までは藤野駅からバスが出ていて、後は2時間ほど歩かなければならないようなので、そのつもりでいた。ところが、奥牧野で下車してしばらく歩いていると、バスが通ってないはずなのに、バス停が出てくる。行き先を見ると、十六夜山の登山口も通るようだし、1日1本しかないバスが、10分くらい待てばやって来るというグッドタイミングである。このバスは藤野のひとつ先の上野原からのバスでヤフー地図では検索できなかったものだが、テレビで放映されている「路線バスの旅」を地でやっている気分で、この時点では2時間近くの歩きがカットできてまずまずの滑り出しであった。

登山口で下車して、いきなりの急登であるが、標高差500メートル近くを1時間程度といいペースであった。ただ期待していた南アルプスの展望は雲に覆われて望むことはできなかった。

次の赤鞍山への道は地図では稜線上を進むようになっているが、道が不明瞭だったし標識もなかったので、来た道を少し戻って稜線への道の分岐点の所まで降りることにした。

分岐点まで戻ると、別コースを登ってくる二人連れが見えたが、彼らが今日見かけた唯一のパーティーであった。分岐点から稜線に出ると十六夜山からの道は意外にもしっかりしたものであったが、たいした遠回りにはならなかっただろう。
赤鞍山に向かう稜線上を歩いていると、頭上に青空が見えてきたので展望が得られるかと期待したが、その後、再び雲が広がってしまい、終日展望が得られないまま終わってしまった。赤鞍山頂は樹木もなく、条件に恵まれれば素晴らしい展望が得られただろうに残念なことであった。

菜畑山まではアップダウンの激しい道だったが、山頂には3時に着くことができた。ここから今倉山を経て富士急線の駅までは4時間以内で行けるだろうから、想定内の行程であった。ところが、山頂付近に道志側のバス停まで1時間15分という標識を見つけて大いに心が揺らいだ。道志側のバスの時刻は調べてなかったが、4時前にはバス停に着くだろうから、上りか下りのいずれかの最終には間に合うに違いないと希望的観測を行って道志側に降りてしまった。

道志側のバス停には4時頃に着いたが、ここで信じられない事実が判明した。なんと土日は上り下りとも午前中に1本あるのみで、午後は運休となっているではないか。まるで陸の孤島に取り残されてしまったような気分である。さあてどうするか?

1週間後にハーフマラソンを控えているので、山登りで疲れた後に、ゆっくりしたベースでもよいから長距離を走ることは良いトレーニングになるだろう。問題は上りの富士吉田方面に向かうか、下りの月夜野方面に向かうかである。距離的にはほぼ同じだが、富士吉田まで行けば確実に電車で帰れることは確かなものの、問題は途中の峠までは登りが続き、疲れた体で行くにはちょっと荷が重い。一方、月夜野まではほぼ下りなので体力的には楽であるが、月夜野から先のバスの時刻がわからない。最悪の場合はタクシーを呼ぶことにして月夜野方面に進むことにする。

2時間半ほど走って月夜野に到着すると、やはり最終は出てしまっていた。三ケ木まで行けば遅くまでバスはあるようだが、そこまでは15キロ近くもあり、さらに2時間以上も走ってしまうとオーバーワークとなって来週のレースに悪影響も予想されるため、大人しくタクシーを呼ぶことにした。

予定外の出費で無事に藤野駅に着くことができたが、ここで今日の教訓
「甘い誘惑には罠がある!」
2017092500520101


2017092500520100


2017092500520500


|

« マスコミが報じない真実その3 アベノミックスの破綻 | トップページ | クンジェラブ峠越えの記録アップ »

歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 道志山塊縦走( 十六夜山〜菜畑山):

« マスコミが報じない真実その3 アベノミックスの破綻 | トップページ | クンジェラブ峠越えの記録アップ »