« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月

2018年5月31日 (木)

ある遭難

このブログは他人に見てもらうというよりも、自分が後で読むための記録としての意味が多いので、アクセス数などはあまり気にしてないのだが、たまたま管理画面を見ていたら先週始めにアクセス数が急増しているので何でだろーと考えたら原因が思い当たった。「登山家」栗城氏がエベレスト遭難したからに違いない。というのは彼が初めてエベレストに行った後に「インチキ登山家」なる一文をブログに載せたことがあり、その後もよくアクセスされているらしいからである。
そのブログの趣旨は、彼は七大陸最高峰単独無酸素登頂を謳っているが、エベレスト以外では酸素を使用した登頂など聞いたことはないし、撮影隊を連れた登山では万一の場合には救出してもらえる可能性があるわけだから、真の意味での単独登山ではないというものである。この意見は今ても正しいものと考えてるし、ヒマラヤ登山をわかっている人からは共感を得られるものだと思うが、ひとつ想定外のことがあった。それは彼が多くの人から勇気をもらったとして称賛を受けているということであった。称賛している人のほとんどはヒマラヤ登山というものを知らない人だと思われるが、だからと言って無知な人間を騙してとケシカランは思わない。どのような方法を使ったにせよ他人に勇気を与えられたということは素晴らしいことではあると思う。
そのブログの最後に「彼の実力では、エベレストの単独無酸素は無理」と書いたが、その後の経過はまさにその通りになってしまった。凍傷で手足の指のほとんどを失い、さすがにエベレストは断念したのかと思ったら、南西壁という彼の実力からすれば、自殺行為とも思える暴挙に出るとは予想できないことであった。支援者からの期待に押し流されてしまったのであろうか
とまれ、今となっては彼の冥福を祈るばかりである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月30日 (水)

庭の手入れ

庭に雑草が生い茂り、タイルやシートを敷く対策を行っても間から雑草が伸びてきて除草がやっかいになってきたため、業者に頼んで真砂土を敷き詰めてもらった。
見違えるようになり、これで除草の煩わしさから解放されることになったが、庭の活用法はこれから考えよう。
2018052917170200


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 7日 (月)

ミニトマト

今年もベランダでミニトマトの栽培を行うことにした。もっぱら孫に楽しませたいからだけなのだが。収穫は7~8月頃かな
2018050712593400


| | コメント (0) | トラックバック (0)

慶州を旅する

GWの後半3日間を家内と韓国の慶州に観光に行ってきた。慶州は新羅の都として栄えた古都であり、日本とともにシルクロードの東の終着点として遠くはペルシャあたりからも文明が流れ着いた地である。高層ビルが林立する釜山と違い、昔の町並を残した落ち着いた町である。
2018050619360802_2慶州の町並み

初日は釜山からバスに一時間ほど乗車して、夕方に慶州のホテルに入る。日本とは時差がないため夕方でも十分明るいので、市街地近くの古墳群とそこから出土された様々なものが展示されている博物館を見学する。その晩は慶州駅からホテル方面に延びる中心街を散策しながら、観光客はあまり行かないようなお店で現地の食事を食べてからホテルに戻る。
2018050619360801慶州博物館

翌日は早朝にタクシーで郊外にある世界遺産の仏国寺方面に向かう。仏国寺のさらに上部には石窟庵があるので、そちらの方を先に見に行く。早朝にもかかわらず、観光客の姿がもう見られた。
2018050619371500石窟庵
一通り見学してから仏国寺に移動しようとバスの時刻を見ると、始発は9時で2時間も待たなければならない。かといってタクシーで来た自動車道を戻ると2時間以上も歩かなければならないし、タクシーも停まっていない。どうしたものかと思っていると、GPS地図で仏国寺と最短で結ぶ山道があることがわかり、こちらだと1時間程度でいけるようだし、自転車でも行けるようにかいてあるので、家内が歩いていくのでも問題あるまいと、そちらを行くことにした。
急な階段交じりの道を下っていくと、次々と登ってくる人に出会う。この急な坂を登るのはたいへんだろうが、それだけご利益もあるのだろう。まもなく仏国寺に降り立ち早速参拝する。肝心の世界遺産である大仏が撮影禁止となっていたのは残念だった。
2018050619384300仏国寺

仏国寺からバスでホテルに戻り、チェックアウトしてからバスで新慶州に行き韓国の新幹線KTXで釜山に向かう。
2018050619360800

釜山では特に行きたいところもないので、地下鉄で海岸まで行った外はホテルでゆっくりする。ホテルは一人旅の時はまず利用しない5つ星だったが、思ったほどのこともなく期待外れであった。ただ部屋が34階と高層階だったので、釜山の夜景が眺められたのは良かった。その晩はホテル近くの店で焼肉を楽しむ。
2018050619360700

最終日は帰国するだけなのでホテルでゆっくりする。あいにくの雨だったが、ホテルから地下鉄経由で空港まで濡れずに行くことができた。3日間傘なしにいられたのはラッキーだった。ただ悪天候で帰りの便が3時間も遅れたため、帰宅は9時過ぎとなってしまった。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 1日 (火)

山陰東部ツーリング最終日

明日は天気が悪くなりそうなので、1日早く帰ることにした。帰ると言ってもあちこちに立ち寄るので今日も1日フル回転である。
まずは未乗車の因美線で新見乗り換えで備中高梁まで行き、そこから備中松山城に向かうことにする。行きに立ち寄った竹田城と並んで天空の城(=日本のマチュピチュ)として名高い城である。幕末に城主であった板倉氏が老中となっため、まわりを倒幕派の大名に囲まれて官軍の総攻撃を受けてもおかしくなかったが、兵制の改革により強大な軍事力を有していたために恐れられて攻撃を受けずに、現存する唯一の天守閣のある山城として残ることになったものである。ここでひとつ問題があるのは、城自体に行くのか向かいの山にある雲海展望台に行くかである。両方行く時間はないので選択を迫られるが、竹田城で城本体は見ているので(と言っても石垣だけだが)、今回は雲海展望台の方に行くことにした(雲海の中に聳え立つ城を見るチャンスは皆無だが)。
山城だから覚悟はしていたが、凄まじい登りで今回のツーリング中で最大の試練であった。最後は自転車を降りてしまい引いていると、地元のチャリダーに追い抜かれる。ヒルクライムの良いトレーニング場になっているようだ。
そこから先は傾斜も落ちて緩やかな登りをしばらく行くと展望台に達した。さこからの展望は(石垣しかなかった)竹田城とは違う意味でガッカリさせられた。あまりにも遠いのである。超望遠レンズでなければまともな写真とはならないようで、スマホしか持ってきてない今回はちょっと辛いものがあった。
下りは速いので予定よりもかなり早く駅に戻れたため、もうひとつの寄り道も行うことにした。それは姫路~神戸を山陽本線とほぼ平行に走っている山陽電鉄本線の乗車である。なお支線が途中から網干に延びているので、そちらの方もこの際乗っておくことにした。また神戸から先も阪神本線に直通で乗り入れているので、そのまま梅田まで行き新大阪から新幹線で帰ることにした。行きには梅田から神戸三宮までは阪急に乗ったので、これで神戸~大阪をほぼ平行に走っているJR、阪神、阪急を全てじょうしゃすることができた。
あわただしい旅だったが、ほぼ予定を消化することができた。予定よりも1日早く帰れることになったことだし、明日は1日家でのんびりして疲れをとることとしよう。
2018050119053600


| | コメント (0) | トラックバック (0)

山陰東部ツーリング四日目

キャンプ場を6時過ぎに出発する。登りに三時間かかった道を40分ほどで降りてしまう。列車の待時間がありすぎるので、ひとつ先の駅まで行って乗り込む。昨日の最終地点の東浜まで戻ってツーリングを再開し、まずは鳥取砂丘を目指す。鳥取砂丘に着くとすごい人の数で、遠くの砂山はまるで蟻が群がっているかするとだいぶ時間がかかりそうだったし、のようである。そこまで往復するとだいぶ時間がかかりそうだったし、敦煌ではもっと大きな砂山を登っていることなので(エッヘン❗️)、パスすることにした。敦煌はタクラマカン砂漠とつながっているからわかるけど、砂漠もない所で何故こんな砂山ができたのか不思議である。鳥取砂丘を過ぎると見るべきものもなくなってくるが、白い砂浜だけが退屈をまぎらわしてくれる。
テント泊りが続いたので今晩は米子に宿をとったが、米子まで35キロの地点で断念して輪行で米子に向かう。米子のホテルでは久しぶりの温泉で汗を流した。

2018050106265000


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »