« 下山 | トップページ | 仙塩尾根北部 »

2018年8月26日 (日)

大井川ランニングと18切符の旅

先日、南アルプスから下山した時ははたなぎダムからバスに乗ったが、そこから大井川に沿って河口まで下っていくコースは自転車でしか行ったことがないので走ってみることとして、夏期限定1日1本のはたなぎダム行きバスを予約して静岡駅に向かった。ところが、静岡駅前のバス停に張り紙があり、台風による大雨の影響で今日のはたなぎダム行きバスは運休になるとのこと。ガ~ンである。かわりに30キロほど短くなるが、金谷回りで大井川鉄道の終点から走ることにした。

走り初めは、車窓の景色とは異なるアングルからの景色が眺められて楽しかったが、暗くなってくると単調さと疲労から難行苦行の連続となり、東海道線の島田駅まで辿り着くのがやっとで、そこから10キロ以上先にある太平洋まで走る元気はなかった。はたなぎダムのバスが運休にならなかったら、島田駅までたどり着けなかったかもしれず、結果的には良かったかもしれない。

翌日は18切符を利用して愛知県に向かい、まずは桶狭間古戦場公園を訪れる。桶狭間の戦いについては詳細が不明なこともあるが、かなりショボイ公園であった。以前に東海道53次を歩いた時に近くを通りながら夜遅かったために素通りしてしまったことがあるので、とにかく行くことができて気がすんだ。最寄りの大高ではせっかく名古屋に来たのだから、名古屋名物ということで、名古屋コーチンの焼き鳥丼を食べた。

その後に愛知県の鉄道でまだ乗っていない愛知環状鉄道に乗るために高蔵寺に向かう。ただ終点の岡崎までは乗らずに途中下車して長久手古戦場公園に立ち寄る。こちらは桶狭間とは異なり立派な公園で資料館まであった。ただ日中の暑さは厳しく、碑の前で当時に思いをはせる気にはならず、涼しい資料館に入り浸っていた。戦国時代の古戦場はあちこち行ったが、後行ってみたいのは滋賀県の賤ヶ岳くらいかな

環状鉄道を岡崎まで乗ると、後は東京までの退屈な各駅停車の旅である。東海道線はほとんどが通勤タイプの車両なので、六角さんみたいに呑み鉄の旅をするのは勇気がいるしなあ
2018082615492600


2018082615495800


2018082615513101


2018082615513100


2018082615515800


|

« 下山 | トップページ | 仙塩尾根北部 »

走り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大井川ランニングと18切符の旅:

« 下山 | トップページ | 仙塩尾根北部 »