« 茶臼山 | トップページ | 易老渡 »

2018年8月14日 (火)

池口岳

南アルプスの深南部にある池口岳に登ってきました。丸1日の行動となって疲れてしまったのて、詳細は後日書きます。
2018081404565200

<記事の続き>
登山口の標高は千メートルほどだが、秋葉街道の標高は400メートルくらいだから、車を利用しないと2千メートル近い標高差を往復することになり、さらに1700~1900メートルにかけては小刻みなアップダウンが連続する長大な尾根となるためかなりたいへんな山だといえる。そのため200名山にもかかわらず登る人は稀で、お盆という時期にもかかわらず出会った登山者は一人だけだった。

秋葉街道から登山口までの道に入ると急坂が続き、すぐに漕ぐのをあきらめて自転車と不要な物はデポして身軽になって登り出す。といっても急な林道を標高差600メートルも登るので、2時間以上かかってしまう。登山道になってからも1700メートルくらいまでは急登が続く。途中から雷雨になったが、山頂まで樹林帯が続くので被雷の危険は感じることはなかった。

頂上には夕方に着いてすぐに下降に移るが、下りの後半はライトをつけての行動になる。自転車のところまで下りたときにはかなり疲労していたが、テントを張れる場所を求めて秋葉街道をしばらく進んだところ、道路脇の少し離れた所に空き地を見つけたので、テントを張って食事もせずに寝てしまった。

 

|

« 茶臼山 | トップページ | 易老渡 »

歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 池口岳:

« 茶臼山 | トップページ | 易老渡 »