« 日本海ツーリング1日目 | トップページ | 西会津 »

2018年9月26日 (水)

日本海ツーリング最終日

今日は酒田までの約65キロと比較的短い行程である。まずは象潟の九十九島に向かう。松尾芭蕉が奥の細道で辿った最北の地で、当時は松島のように多くの島が海上に浮かんでいたらしいが、現在は隆起して小高い丘が点在する景観となっている。何年か前に家内と訪れたことがあるが、その時は天気が悪くて鳥海山が見られなかったので、次回は鳥海山をバックにした九十九島を見たいと思っていた。
前回の記憶が定かでなかったので、とりあえず象潟駅を目指したが、九十九島は2キロ以上戻らなければいけなかった(まあ自転車だから大したことはないのだが)。九十九島に着くと、今日は鳥海山がバッチリと望め、太陽も頭上にまで上がっていたので、逆光にならずに鳥海山をバックにした九十九島の写真を撮ることができた。
後は酒田に向かうだけだが、まずは山形県との県境を越えなければならない。何年か前に東北クライミングツアーを行った時にクライミングをした三崎海岸をかすめれば、山形県に入る。景勝地の吹浦にある道の駅で昼食を摂ってから酒田に向かう。今回は余裕を見て新潟発の最終新幹線を予約してあるので、酒田か新潟で時間待ちをしなければならないと思っていたら、なんと羽越線は停電で運休となっていて復旧見通しは不明とのことである。新潟までの代行バスは出るようであるが、果たして自転車が積み込めるかが気掛りであった。代行バスは大型バスではないのでトランクはなく、車内に持ち込まざるを得ず、持ち込みが可能かどうかは車内のスペースいかんのようであった。代行バスに乗るか後の電車が開通するのを待つかの選択を迫られた。後の列車の発車時刻までに事故が復旧している保証はなく、事故の復旧が遅れた場合には、その時点での代行バスに乗れたとしても、最終新幹線に接続できないリスクもある。以上を勘案して早めの代行バスに乗ることにしたか、運よく隣り合った席が一ヶ所だけ空いていたので、そこに自転車を置いて乗り込むことができた。特急列車に比べれば多少時間はかかるが、予約したのが最終だったので接続を心配することもなく、むしろ駅での長時間の待合せもなくなり、在来線の特急料金も不要になってよいことずくめであった。
ここで思い出したのだが、前回家内と象潟に行った帰りに酒田から「きらきらうえつ」という観光列車に乗車予定だったところ、強風のために運休となって今回同様に代行バスで新潟まで行かざるをえなかったのである。日本列島海岸線ツーリングとして次回は酒田から南下しなければならないが、二度あることは三度の諺もあるので十分注意して臨むこととしたい。
2018092616223900


2018092616222800


|

« 日本海ツーリング1日目 | トップページ | 西会津 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本海ツーリング最終日:

« 日本海ツーリング1日目 | トップページ | 西会津 »