« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月

2018年10月31日 (水)

東海自然歩道 山中湖

前回は予定く丹沢湖までは到達できなかったので、箒杉で下車して丹沢湖に向かうことにするが、せっかく明るい時間帯に箒杉を通るので、立ち寄って写真を撮ってから出発する。高校生の駅伝大会があって賑わっている丹沢湖から世附方面に向かうと急にひと気がなくなる。道はしばらくすると車両通行止めになり、ますます静かな歩きとなる。ダートの道ながら切通峠までの距離表示があるので、峠まで幅広い道が続いているのかと思ったら、峠直下で道は狭くなって山道に変わっていた。

峠からは山中湖側に下る道があるが、東海自然歩道は尾根伝いに高指山に向かい山頂直下から山中湖方面にくだっているようなので、そのまま尾根を登っていく。頂上直下で自然歩道は山中湖方面にくだっているが、頂上は目前だったので頂上を往復してから山中湖方面に下ることにした。ところが、指導標に従って降りたつもりなのにまたもや道が忽然と消えてしまう。東海自然歩道は本当に不思議な道である。こんな時は来た道を戻るのがセオリーなのだが、最初に下ろうとした山中湖方面への道がすぐ下を通っていることはわかっていたので強引にくだると案の定、広い道に降り立ったので山中湖方面に向かう。ただ自然歩道は山中湖沿いではなく湖を囲む稜線を通っているので、またしばらくは登りとなる。山中湖を眺めながらの平尾山、大平山とアップダウンが続くが、期待していた富士山の眺望は厚い雲に遮られてえられなかった。

稜線は山中湖の西端で消えているが、自然歩道は山中湖と反対側の忍野八海方面に下っていく。麓の「花の都公園」に降り立った時は5時を回っていたので富士急の駅まで行くのはあきらめ、山中湖方面に出て高速バスで帰ることにした。ところが来るバスは予約済みで乗れないバスばかり、特に2台目などは乗客が誰も乗ってなかったので絶対に乗れると思ったらやはり空席なしだったので愕然とする。きっと富士急ハイランドから乗車する客が予約をしているのだろう。やむを得ず富士山駅行きのバスに乗り、富士急、J.P.経由で帰る羽目となった。
2018103117025702


2018103117025701


2018103117025700


2018103117044900


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月21日 (日)

東海自然歩道 石砂山~犬越路

第2回目の東海自然歩道は石砂山~犬越路を目指す。前回の終了点の篠原まではJR藤野駅から歩いて小一時間で着き、しばらく自動車道を進んでから山道に入る。
2018102122043200
石砂山は標高600メートルの低山であるが、頂上直下の勾配はなかなかのもので思っていたよりも登りがいのある山であった。そのためかどうか意外と人気のある山のようで、頂上には先着の登山者が二組もいた。
頂上で食事をしながら、丹沢の山なみを眺めてから歩道歩きを続行する。石砂山を少し降りたあたりで自然歩道は二手に分かれる。そのうち丹沢主脈を縦走するものは以前に丹沢主脈全山縦走をした時に通過しているので、距離も短い山裾を行く方を選択する。このコースはアップダウンは少ないが、延々と舗装道路を行くので退屈である。

結構早いペースで歩いて車両通行止めの所まできたので、犬越路には思ったよりも早く着きそうだと取らぬ狸の皮算用をする。ところが事実は小説よりも奇なりで、この格言が現実のものとなってしまったのである。というのは、急傾斜を登って犬越路まで0,4キロの標示が現れ、後10分くらいかなと思った直後に登山道が忽然と消えてしまったのである。正確に言うと消えたのは右にルンゼ(谷の切り立ったもの)を横断するコースで左には水平な道が続いているので少し進んでみたが、だんだん下っていくしトンネル入口に下りるような標識があったので犬越路に達する道でないことはあきらかだ。一瞬パニくりそうになったが、冷静に考えてみると、今夏の台風でルンゼが崩壊して登山道が消滅したのだと考えざるをえない。それだったら登山道の入口にその旨の標示をしてくれないのか!ましてここは東海自然歩道で登山者以外の人も来る所なんだぞと怒り心頭に達したが、今はどうすべきかを考えるのが先決だと思案する。来た道を戻るのもひとつだが、今日中には戻れそうもないのでビバーク(テントなしでの緊急露營)をせざるを得ない。次に斜面を見上げると、傾斜はかなりなものだが、太い木が適当な間隔で繁っているので、それをうまく利用すればスリップせずに登れそうなことに気づいた。選択したのは後者で、慎重に登っていくと犬越路に通ずる稜線に出た。私の場合は心地よいスリルを味わう程度で済んだが、山慣れない人だったら事故にもなりかねないので、東海自然歩道の管理はどうなっているんだと文句の一つも言いたくなった。なお犬越路というのは武田信玄が小田原城を攻める際に、犬を先頭にして峠を越えたところから名付けたらしいが、今回の状態ではさすがの甲斐犬でも越えることは不可能だっただろう。
2018102122043201
Photo赤線はGPS軌跡、ルンゼが崩壊したのか黄色の西側のルートに回り込めなかった。

10分で着けると思った犬越路に1時間以上かかってしまったので、暗くなる前にできるだけ下まで降りてしまおうと急いで下降する。するとしばらくして3人パーティーに追い付く。一見したところ、あまり山慣れしていないように見えたので、懐中電灯をもっているかどうか聞いてみる。もし無ければ下まで同行してあげようと思ったのだが、ひとつだけあると言う。3人でひとつとは心もとないが、スマホや携帯も短時間ならばライトがわりにはなるので、先を急いでいることもあり先行させてもらう。ところが、それから先も迷いやすい所があったり、橋が流されていて下流の川幅が狭い所に移動して飛び石づたいに渡る所があって、彼らが無事に通過できるか少々心配になったが、相当待たないと合流できそうもないと思われたので、しかたなく前進してしまった。

自動車道に出ると、バス停までの間にキャンプ場やバンガローがたくさんあり、日曜の夜だというのに大にぎわいであった。バス停に着くと、最終バスまで約1時間あるが、店や自販機もないところで長時間待ちたくないので、下の方のバス停まで歩いて、ほどよい待時間で最終バスに乗り込んだ。先ほどの三人組が乗車していることを期待したが、乗客は私ひとりだった。彼らがマイカーで帰ったか、キャンプかバンガローで今夜を過ごしていることを願うばかりである。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地元の史跡巡り 四谷大木戸ほか

いつも遠出ばかりしているので、たまには足下もということて、地元の史跡巡りを行う。
まずは四谷の大木戸に向かう。江戸時代、ここより内側が江戸市中ということなので、市内はずいぶんと狭い範囲だったのだ。もっとも現在は碑が立っているだけで大木戸そのものの遺構は残っていないので、当時の雰囲気はうかがい知ることはできないが

2018102106541302
すぐ近くにある新宿御苑はかっては新宿の地名の起源となる内藤新宿家の下屋敷だったところである。何度か行ったことがあるが広大な敷地であり、現代ならば一等地の大邸宅ということになるだろう。

2018102106541301
新宿のガードをくぐり神田川を渡って坂を登ってしばらく行くと宝仙寺前のバス停を通る。前から気になっていたので立ち寄って見ると、青梅街道からそれてすぐのところにある真言宗の寺であった。

2018102106541300
当初はたくさんの所に立ち寄るつもりだったが、暗くなってきたので、一ヵ所だけ行ってみたい所に向かう。それは我が家の近くの(今は暗渠となっている)桃園川が善福寺川から江戸時代末期に分水されたことを記した記念碑である。ところがその両隣の神社と弁財天はあるのに記念碑が見つからない。あたりをうろうろしていたら、雷鳴がして夕立となってしまったので写真も撮らずに一目散で退散する。今度は明るい時にまた来てみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月15日 (月)

東海自然歩道 石老山

日本列島縦断、百名山、188箇所札所、五街道と行き尽くしてしまい、次に何をやろうかと考えたら東海自然歩道を思い付いた。東京の高尾山から大阪の箕面までの約1600キロで、たしか大阪万博を記念して作られたと記憶している。当初は力を入れて整備されていたようだが、最近は忘れられた存在となっているので、多少荒れた箇所があるかもしれないが、それはそれでよいと思っている。

午前中は高尾墓地に時期遅れの墓参りの後、隣駅の相模湖から東海自然歩道をスタートする。というのは本来のスタートの高尾山から相模湖までは既に歩いているので、パスしたというわけである。

石老山の登山口近くまではバスもあるらしいが、ジョギングならばたいして時間もかからない。登山道になってからも走るつもりだったが、ハイキングの山らしからぬ急な登りが続くので、傾斜が緩くなった所以外は歩いてしまった。登り出す時間が遅かったせいか、ハイキングの山にしては人が少なく、家族連れを一組追い抜いただけで、下山者とは出会わなかった。

頂上からは天気が良ければ富士山や丹沢連山の眺めが素晴らしいようだが、あいにくの天気で山裾しか見えなかった。ただハイキングの山にもかかわらず、誰もいない頂上というのはラッキーだった。もっとも、ほとんどの人が同じ道を引き返すためか指導標識がなかったので、間違った道を進んでしまい、だいぶ進んでから間違えたことに気づいて戻ったので、頂上に戻ったときは追い抜いた家族連れも頂上に着いていた。

今度は磁石で方向を確認してから進むが、ハイキングコースではなくなるため、自然歩道というイメージではなくなるが、まあ普通の山道で荒れているというほどではない。しばらく下って自動車道に降り立ち、東海自然歩道は左折するが、今日は午後発ちで時間がないので右折して藤野駅に向かった。

今日の行程は15キロで、うち藤野駅までの5キロを差し引くと自然歩道の今日の踏破距離は10キロということになる。全長が1600キロ以上だから、まだまだ先は長い。
2018101500251600


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 9日 (火)

帝釈山

今日もいい天気だ。とりあえず帝釈山を目指す。標高差250メートルを一気に登ると頂上だ。昨日の台倉高山のように長々と続く稜線歩きがないので楽だ。帝釈山脈の主峰だというのに山頂の標識が倒れていた。田代山方面の視界が効く所まで移動してみる。田代山まで往復するのは大変だけど、池塘が望遠できるあたりまでならば行ってみようかなと思ったからである。ところが、田代山の山頂付近まで樹林対が続き、頂上まで行かないと池塘を見ることはできないことがわかり前進はあきらめる。田代山は以前に2回登ったことはあるので今回はパスということにしておく。

馬坂峠まで降り、当初の予定では鬼怒川に続く林道を行くつもりだったが、通行止めの標示が出ている。まあ歩いて行くぶんには支障はないのだろうが、少々気勢が削がれた気がしたことと、檜枝岐に降りるのと比べると十キロ余分に歩かなければならないので、檜枝岐に戻ることにした。登りは4時間だったから下りは三時間半くらいで下りられるかと思ったが、疲労と気力の減退でかえって時間がかかりそうなほどのペースとなってしまった。それでも予定していたバスには間に合いそうであったが、檜枝岐で食事する時間が取れるかどうかは微妙であった。ところが、檜枝岐まであと三分の一位の所まで降りてきた時に後ろから来た車の人が乗せてくれるという。なんでも前夜に足を怪我して山を登れなくなってしまったが、登山口まで様子を見に来た帰りだという。道の駅まで乗せてもらったが、お陰でゆっくりと食事をしてバスに乗ることができた。
2018100914333400_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

台倉高山

檜枝岐を8時前に出発日して台倉高山と帝釈山との間の福島・栃木国境稜線を越えていく馬坂峠を目指す。何台もの車に追い越されていく。多くの車は帝釈山に登る人だろうから結構ポピュラーな山のようだ。もっとも檜枝岐から歩いて登る人などは皆無に近いだろう。峠までの距離は15キロ、標高差は900メートルなので、五時間はかかるだろうとみていたが、頑張って空いたので四時間で着いてしまった。馬坂峠からは帝釈山往復だと1時間、台倉高山だと往復四時間だが、峠に早く着いたので時間のかかる台倉高山往復に向かうことにした。峠には登山者の車がたくさん停まっていたが、みな帝釈山に行ったようで台倉高山は私しか登らなかったようだ。台倉高山の頂上からは正面に燧ヶ岳が望め、右奥には越後連山、左手には日光連山が望める絶好の展望台であった。
来た道を戻って峠に帰ったのは4時だったので、帝釈山の往復も可能であったが、それは明日に回してテントを張って明日に備えることにした。
2018100818514600

2018100818513500


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 7日 (日)

秋の尾瀬

バス停まではホテルに送ってもらい、がら空きのバスで沼山峠に向かう。沼山峠にはそこそこの登山者がいたので、マイカーで来る人が多いのだろう。快晴を期待したにもかかわらず、小雨のぱらつく天気だったが、草紅葉を見るには不都合はなかった。1時間ちょっとで長蔵小屋に着き、昼食をとり、あたりを散策してから帰途に着いた。帰りのバスは行きとは違って満員だったが、連休を尾瀬で過ごした登山者の帰りにぶつかったためだろう。その晩はひのえまたの旅館に泊まって温泉でゆっくりして汗を流した。
Dscn0753


Dscn0765


Dscn0771


Dscn0769



| | コメント (0) | トラックバック (0)

西会津

最近は足が遠のいてしまったが、以前は尾瀬にはよく行ったものである。残雪の隙間からふきのとうが顔を覗かせる時期から水芭蕉の初夏、ニッコウキスゲの盛夏までは何回も訪れているが、紅葉と草紅葉の見られる時期にはまだ訪れたことはなかった。また入山経路も群馬側からか上越国境尾根伝いからのものだった。そこで、秋の尾瀬に福島側から入山することにしたが、せっかくなので大内宿等の観光地も巡っていくことにした。

新幹線で新白河まで行き、そこから路線バスで那須連山を越えて大内宿に向かう予定だったが、新幹線が遅れて新白河での乗り換えが微妙になってきた。1日2便しかないためバス停までダッシュしてギリギリセーフかたと思いきや、ネットで調べた時刻よりも5分前に既にバスは発車してしまっていた。最終バスまでの三時間近くを何もない新白河で待ってもしょうがないので、バスの始発となる隣駅の白河まで移動することにした。白河では駅近くにある小峰城を訪れ、櫓に登ったり隣接する茶屋で食事をしてからバスに乗り込んだ。

最初は大内宿は諦め塔のへつりで下車して会津高原に向かうつもりだったが、車内で時刻を調べると、このまま大内宿に向かっても滞在時間は短くはなるが、ギリギリで会津高原からホテルに向かう最終バスに間に合うことがわかったので、そのまま大内宿に向かう。会津街道の宿場町がそのまま残っていて期待どおりの佇まいだったが、三連休にもかかわらす思ったほどの人出もなく、一時間の滞在時間も充分であった。

塔のへつりでバスを降りて会津鉄道に乗り換えるが、その合間に塔のへつりにも足を延ばすが、ここだけを目標にわざわざ訪れるほどのこどもない所であった。その後は会津鉄道に乗り換えて、今日最大の難関である乗継時間2分の会津高原駅に向かう。車内でグーグルマップで調べると駅からバス停までは4分とあるので、駅に着くとダッシュする。真っ暗な道を進むと道が分岐していてどちらに進むか迷うが、右手を進むと大通りに出てしまいバス停も見えないので諦めて元に戻り、先程の分岐点を左に曲がって進むと、なんとバスがまさに出発するところが見えるではないか!そこまでは距離がありすぎるので、諦めて歩いてバス停まで行って見ると、今度はネットで調べた時刻よりも5分遅い発車であり、バス停までの近道もあることがわかった。正しい発車時刻を知っていれば、下車してからも落ち着いて対処してばすに乗れただろうに後の祭りである。やむをえずタクシーを呼んでホテルに向かったが、まあ予定外の小峰城に行けただけでも良しとしましょう。

2018100720533601_2


2018100720533600


2018100720533500


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »