« 東海自然歩道 石老山 | トップページ | 東海自然歩道 石砂山~犬越路 »

2018年10月21日 (日)

地元の史跡巡り 四谷大木戸ほか

いつも遠出ばかりしているので、たまには足下もということて、地元の史跡巡りを行う。
まずは四谷の大木戸に向かう。江戸時代、ここより内側が江戸市中ということなので、市内はずいぶんと狭い範囲だったのだ。もっとも現在は碑が立っているだけで大木戸そのものの遺構は残っていないので、当時の雰囲気はうかがい知ることはできないが

2018102106541302
すぐ近くにある新宿御苑はかっては新宿の地名の起源となる内藤新宿家の下屋敷だったところである。何度か行ったことがあるが広大な敷地であり、現代ならば一等地の大邸宅ということになるだろう。

2018102106541301
新宿のガードをくぐり神田川を渡って坂を登ってしばらく行くと宝仙寺前のバス停を通る。前から気になっていたので立ち寄って見ると、青梅街道からそれてすぐのところにある真言宗の寺であった。

2018102106541300
当初はたくさんの所に立ち寄るつもりだったが、暗くなってきたので、一ヵ所だけ行ってみたい所に向かう。それは我が家の近くの(今は暗渠となっている)桃園川が善福寺川から江戸時代末期に分水されたことを記した記念碑である。ところがその両隣の神社と弁財天はあるのに記念碑が見つからない。あたりをうろうろしていたら、雷鳴がして夕立となってしまったので写真も撮らずに一目散で退散する。今度は明るい時にまた来てみよう。

|

« 東海自然歩道 石老山 | トップページ | 東海自然歩道 石砂山~犬越路 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地元の史跡巡り 四谷大木戸ほか:

« 東海自然歩道 石老山 | トップページ | 東海自然歩道 石砂山~犬越路 »