« 地元の史跡巡り 四谷大木戸ほか | トップページ | 東海自然歩道 山中湖 »

2018年10月21日 (日)

東海自然歩道 石砂山~犬越路

第2回目の東海自然歩道は石砂山~犬越路を目指す。前回の終了点の篠原まではJR藤野駅から歩いて小一時間で着き、しばらく自動車道を進んでから山道に入る。
2018102122043200
石砂山は標高600メートルの低山であるが、頂上直下の勾配はなかなかのもので思っていたよりも登りがいのある山であった。そのためかどうか意外と人気のある山のようで、頂上には先着の登山者が二組もいた。
頂上で食事をしながら、丹沢の山なみを眺めてから歩道歩きを続行する。石砂山を少し降りたあたりで自然歩道は二手に分かれる。そのうち丹沢主脈を縦走するものは以前に丹沢主脈全山縦走をした時に通過しているので、距離も短い山裾を行く方を選択する。このコースはアップダウンは少ないが、延々と舗装道路を行くので退屈である。

結構早いペースで歩いて車両通行止めの所まできたので、犬越路には思ったよりも早く着きそうだと取らぬ狸の皮算用をする。ところが事実は小説よりも奇なりで、この格言が現実のものとなってしまったのである。というのは、急傾斜を登って犬越路まで0,4キロの標示が現れ、後10分くらいかなと思った直後に登山道が忽然と消えてしまったのである。正確に言うと消えたのは右にルンゼ(谷の切り立ったもの)を横断するコースで左には水平な道が続いているので少し進んでみたが、だんだん下っていくしトンネル入口に下りるような標識があったので犬越路に達する道でないことはあきらかだ。一瞬パニくりそうになったが、冷静に考えてみると、今夏の台風でルンゼが崩壊して登山道が消滅したのだと考えざるをえない。それだったら登山道の入口にその旨の標示をしてくれないのか!ましてここは東海自然歩道で登山者以外の人も来る所なんだぞと怒り心頭に達したが、今はどうすべきかを考えるのが先決だと思案する。来た道を戻るのもひとつだが、今日中には戻れそうもないのでビバーク(テントなしでの緊急露營)をせざるを得ない。次に斜面を見上げると、傾斜はかなりなものだが、太い木が適当な間隔で繁っているので、それをうまく利用すればスリップせずに登れそうなことに気づいた。選択したのは後者で、慎重に登っていくと犬越路に通ずる稜線に出た。私の場合は心地よいスリルを味わう程度で済んだが、山慣れない人だったら事故にもなりかねないので、東海自然歩道の管理はどうなっているんだと文句の一つも言いたくなった。なお犬越路というのは武田信玄が小田原城を攻める際に、犬を先頭にして峠を越えたところから名付けたらしいが、今回の状態ではさすがの甲斐犬でも越えることは不可能だっただろう。
2018102122043201
Photo赤線はGPS軌跡、ルンゼが崩壊したのか黄色の西側のルートに回り込めなかった。

10分で着けると思った犬越路に1時間以上かかってしまったので、暗くなる前にできるだけ下まで降りてしまおうと急いで下降する。するとしばらくして3人パーティーに追い付く。一見したところ、あまり山慣れしていないように見えたので、懐中電灯をもっているかどうか聞いてみる。もし無ければ下まで同行してあげようと思ったのだが、ひとつだけあると言う。3人でひとつとは心もとないが、スマホや携帯も短時間ならばライトがわりにはなるので、先を急いでいることもあり先行させてもらう。ところが、それから先も迷いやすい所があったり、橋が流されていて下流の川幅が狭い所に移動して飛び石づたいに渡る所があって、彼らが無事に通過できるか少々心配になったが、相当待たないと合流できそうもないと思われたので、しかたなく前進してしまった。

自動車道に出ると、バス停までの間にキャンプ場やバンガローがたくさんあり、日曜の夜だというのに大にぎわいであった。バス停に着くと、最終バスまで約1時間あるが、店や自販機もないところで長時間待ちたくないので、下の方のバス停まで歩いて、ほどよい待時間で最終バスに乗り込んだ。先ほどの三人組が乗車していることを期待したが、乗客は私ひとりだった。彼らがマイカーで帰ったか、キャンプかバンガローで今夜を過ごしていることを願うばかりである。

 

|

« 地元の史跡巡り 四谷大木戸ほか | トップページ | 東海自然歩道 山中湖 »

歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東海自然歩道 石砂山~犬越路:

« 地元の史跡巡り 四谷大木戸ほか | トップページ | 東海自然歩道 山中湖 »